« 伸二ボーフムに移籍 | トップページ | 2008スケジュール »

2008年1月26日 (土)

代表チリ戦(1/26@国立)

 岡田ジャパンの注目の第一戦。接近から展開をはかり、高い位置からプレスをかけるという戦術がどれほどなのか、見所でした。

FW-高原・巻

MF-遠藤・山岸・中村憲・啓太

DF-駒野・阿部・中澤・内田

GK-川口

以上の先発でした。ただ、山岸の位置は高めで3トップに近い布陣だったような気がしました。相手のチリも、元アルゼンチン監督のビエルサが就任して、サラスとかサモラノではなく、若手中心の布陣でした。

 見所は、内田とチリの13番の争いでした。チリは左サイドからの攻撃が中心で、13番がいいクロスを上げてくる。これに、代表初スタメンの内田がどう対応するかが、興味がありました。チリの13番の方に、1日の長がありましたが、内田はこれに臆することなく、高い位置取りをしていました。上がりのタイミングがあわないこともありましたが、長い距離を走り日本の攻撃の活性化の努めていた。加地の定位置だが、攻撃に魅力のある内田の出現は頼もしいもの。

 FWは相変わらず決定力ふそくで、高原は調整不足が明らか。巻も見せ場は作るが、PAでカニバサミを食らいながらPKをもらえないのはどうなの?

 遠藤・中村もオシムの時より、シンプルにボールをさばいていたのはよかった。啓太は、髪の毛を短くしたのが目に付いたくらいで、チリがあまり効果的な攻めをしてこないからか、目立たない。

 大久保が入ると、急に攻撃は活性化する。大久保も、決定機は3度あったと思うが、あのヘッドは決めないといけない。矢野・山瀬は中途交代するがさして、大勢に影響なし。

 1試合のみで、感想はのべられないが、意図しているサッカーを展開しようとするのは理解できるが、接近している時にボールを奪われるとピンチになる。少ないタッチでボールをうがしている、展開が速く面白い、ただボールの動きに選手がついていけないというか動き出しが緩慢なようなきがする。高原にボールが渡ると、急にスピードがダウンするので、高原はゴール前に張っているが良い。

 まあ、次の試合をみてから判断しましょう。今日の韓国の主審はへたすぎ!TV中継がテレ朝からフジに変更になるが、角澤の絶叫調のアナウンスを聞かなくて良い分だけ良かったよ。

|

« 伸二ボーフムに移籍 | トップページ | 2008スケジュール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表チリ戦(1/26@国立):

« 伸二ボーフムに移籍 | トップページ | 2008スケジュール »