« 今シーズンの振り返り③ | トップページ | 今シーズンの振り返り⑤ »

2007年12月 6日 (木)

今シーズンの振り返り④

 固定された選手へフィジカル面での疲労が襲われる。FWは行っていたと思われたターンオーバーも、達也の故障で鼻骨骨折のワシントンも強行出場することになる。
 しかし、ACL決勝戦アウェイの前に、しばしの休憩が開き、1−1の引き分けで凌げた。内容的には、先制するが後半追いつかれると、後は防戦一方で、セパハンに決定力の無いことに助けられた。
 埼スタで行われたホームでの戦いは、サポの後押しもあり、永井の活躍により、2−0で勝利し念願のアジアチャンピオンに輝く。
 ここで、最後のバランスを崩すことに。アジアチャンピオンを取って、リーグ戦も優勝間違いなしと思われた状況から、ひとつの大きな目標を成し得た達成感からか、メンタル面でのバランスを崩すことになる。
 フィジカル面でバランスを崩していても、メンタル面である程度はカバー出来る。サポの声援で足が動いていたが、それも出来無いくらいの状態になる。
 それは、無理も無いことだ。戦術・フィジカル・メンタルでバランスを崩し、バランスの悪さのヘレン・ケラー状態に陥ってしまったわけですから。
 ACL決勝の後の清水戦では、著しく調子が落ちて来たことが確認できた。浦和の選手に呼応するように動きの悪い清水に対して、ゴールが上げられず、結局スコアレス・ドロー。しかし、ここに至っても負けねば、残り2試合のうち1試合勝てばよいという、安心感が漂っていた。
……続く。

|

« 今シーズンの振り返り③ | トップページ | 今シーズンの振り返り⑤ »

コメント

ポンテに続き、達也も離脱。
明らかに酷使のツケがまわってきたのは、間違いない。
ポンテが抜けてもCWCも赤星とかサブにも入らないんだろうなぁ・・・。

投稿: kobatake | 2007年12月 6日 (木) 17:29

清水戦が胆でしたね。闘莉王も最終戦まであるから!と悠長なこと言ってたので、その時ヤバイと思いました。でもアジアチャンプとって、リーグ優勝もとったら来年目指すものは世界一しかなくなるので(今年はさすがにね!)、それはそれで良かったと思ってます。シーチケの案内もきました。今回の負けで、更新しない人でますかね?

投稿: さいもん | 2007年12月 6日 (木) 20:04

オジェックの来期の戦術には注目。
今年と変わらないなら、即刻交代。

投稿: ホイチョイ | 2007年12月 6日 (木) 21:38

ギドが就任した時に言っていた、2点取られても3点取るサッカーが正直見たいですね。そして外部から引き抜くだけでなく、若手を使い育てながら、戦い抜く姿勢が欲しい!今年国立の柏戦の前半で魅せたあのサッカーをお願いしたい。

投稿: さいもん | 2007年12月 7日 (金) 07:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンの振り返り④:

« 今シーズンの振り返り③ | トップページ | 今シーズンの振り返り⑤ »