« 浦和高原にオファー! | トップページ | Wiiをインターネット接続する »

2007年12月29日 (土)

天皇杯準決勝雑感

 決勝戦は、広島vs鹿島の組み合わせになりました。
まず、広島vsG大阪。何で、こんないいサッカーするチームが、J2落ちしてしまったのか、分からない。全員で積極的に動き、G大阪の得意なバス・サッカーを封じ込めた。立ち上がりいきなり、G大阪のオフサイドのとりそこないを、佐藤がついて先制。
 2点目も、右サイド突破を平繁が、胸トラップから鮮やかなボレーシュートを決める。直後にバレーに1点返されるが、運動量は最後まで落ちずに、終了間際にだめ押し点を追加し、快勝でした。
 鹿島vs川崎は、ちと凡戦きみ。試合中睡魔に襲われました。決勝点は、川崎DFが、クリアしたボールが、本山の足元にいき、ボレーシュートを決めた。見所の少ない試合でしたので、試合内容はこの位で。(すいません。浦和戦でないとどうも、試合の流れを分析しつつという見方が出来ず、得点が入らないとつまらないと感じてしまいます。特に鹿戦は。)
 アゴハタがインタビューで、「レッズが転んだ」みたいことを言っていたが、余計なお世話です。
 決勝戦は、広島に頑張って欲しい。今日のようなサッカーが出来れば、面白い戦いになるだろう。J2が優勝してもACLには行けるのでしょう。広島が勝てば、1年でJ1に復帰しACLにいくぞ!を合い言葉にモチベーションはかなり上がりますね。

|

« 浦和高原にオファー! | トップページ | Wiiをインターネット接続する »

コメント

広島の頑張りはチーム消滅じゃないけど、フリューゲルスの優勝の時とかぶります。
決勝で鹿島を下してほしいです。
鹿島の試合巧者ぶりは今でもリーグ屈指なので、広島が先制点を取れるかが優勝のポイントになるでしょう。

自分は川崎と鹿島の試合は結構楽しめました。
攻守の切り替えが早くて、決定的チャンスがかなりあったし、選手交代に関しては、「他チームの監督はちゃんと監督してるなぁ」と羨望の眼差しで見てました。
決勝は川崎×広島希望だったので、あの箕輪のクリアミスが悔やまれます。
あと、主審の判定で「今のは鹿島のファウルだろ」ってのが、ありましたね。(関塚監督も怒ってましたが、自分もあの判定は理解不能です)

投稿: kobatake | 2007年12月29日 (土) 19:42

そうか、鹿島に対するフィルターあり過ぎでしたね。鹿島の監督は優秀ですね。

投稿: ホイチョイ | 2007年12月29日 (土) 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯準決勝雑感:

« 浦和高原にオファー! | トップページ | Wiiをインターネット接続する »