« 最近の小ネタから | トップページ | さすが南米王者! »

2007年12月12日 (水)

明日はACミラン戦

 ACLの決勝戦の再現となったセパハン戦ですが、浦和は心配されていたコンディション面の不安を一掃して、快勝でしたね。
 ほとんど手中にしていたタイトルを逃したJリーグ最終日から中8日、時間が全てを解決してくれたという感じがしました。浦和がサッカーらしいサッカーをしたのは久しぶりのことでしたね。攻守が滑らかになったのは、ACLとJリーグの連戦で疲弊した心と体をリフレッシュ出来たからだろう。運動量のアップがパスコースを増やし球周りをよくする好循環で、ポンテの不在を全く感じさせませんでした。Jリーグ連覇を逃したショックを振り払い、もう一度気持ちを充実させてきたのは立派です。
 これで明日はACミランとの対戦になるわけですが、浦和の力を世界に発信する好機をつかみました。
 今まで世界の好チームとは、親善の花試合では何度なく戦ってきたが、今回は欧州王者との真剣勝負です。世の中、そんなに甘くはないと思います。しかし、その真剣勝負の中で掴む経験値ははかり知れないものがあります。
 注目したいのは、浦和が引く深いDFラインが、欧州王者であるACミランにどこまで通用するか、ということです。いつも思うことなのですが、ミドル・シュートに決定力のあるチームには、通用しないのではないかと思っていました。ACミランには、カカ・ピルロ・セードルフなど、ミドルの名手がいます。中盤の圧力にいかに対応するか注目です。ジラルディーノ・インザギらのFW陣は抑えられるような気がします。とにかく、明日は待ってろミランということで!
しかし、木曜日は何気に会社の忘年会なのです。

|

« 最近の小ネタから | トップページ | さすが南米王者! »

コメント

リフレッシュ出来たこともありますが、やはりオジェック自身がやっと動いたこと一番大きいと思います。
セパハン戦はリーグ戦でやってほしかったことを全てやってくれました。
オウンゴールもありますが、結果として一時は3点差をつけたこと、試合内容からも今年一番の内容だったのでは?
惜しむのは、失点してしまったところ。
もうちょっと、持ちこたえられていたら若手を出すタイミングがあったので・・・というところです。

ミラン戦はホイチョイさんが挙げた中盤の3人カカ、セードルフ、ピルロをいかに抑えるかでしょう。
インザーギもジラルディーノも自分一人で局面を打開できるタイプではないので、中盤の3人を抑えることによってFWの仕事が出来なくなるはず。
あと、どっちもヘディングで点を取るイメージ(ジラルディーノはミランに来てからは)がないので、ハイボールよりグラウンダーのクロスに注意してもらいたいです。

投稿: kobatake | 2007年12月12日 (水) 09:51

レッズ対ミラン!いい響きですね。雨が降るかもしれませんが、でもそんなの関係ねー!レッズの勝利を信じ、早く寝ます。
赤き血のイレーブン!ラーラ浦和レッズ~
ミランに見せつけろ俺たちの誇り!

投稿: さいもん | 2007年12月12日 (水) 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日はACミラン戦:

« 最近の小ネタから | トップページ | さすが南米王者! »