« 明日はACミラン戦 | トップページ | 高かった世界の壁 »

2007年12月13日 (木)

さすが南米王者!

 今日はACミラン戦ですが、忘年会のためテレビも見れず。残念ながら参戦される皆さんに勝利を託します。ACミランは、今シーズンいまいち調子は上がったいないようです。引き分けが多く、勝ちきれない試合が多く、現在リーグ戦の順位は10位と中位にしずんでおり、浦和に全くチャンスがないわけではない。
 ボカvsサヘルは、ボカが1−0でしぶとく勝利した。得点場面に象徴されるように、南米勢の決定力はさすがです。
 退場者が出て、1人少なくなっても、そこから相手との質の違いを見せつけた。中盤でまめにボールを奪い、ボカの方が余裕でボールを回していた印象でした。
 バネガ・カルドソも20歳前後で、体はそんなに大きくない。若き才能を輩出することが名門の証しか。若手とパレルモらのベテランが融合している感じがしました。
 選手登録が間に合わなかったリケルメはスタンド観戦した。試合中にコールが沸き起こるなど人気は絶大でした。カズや岩本が、オセアニアのチームとして、参加したことを考えれば、リケルメも出場を認めて欲しかった。大会は間違いなく盛り上がった。
 サヘルも、南米代表と対等に戦っていたと思いました。最後は経験と力量の差が出てしまった。アフリカも確実にレベルが上がっている。アルヒラルが突出した存在だったが、そのアルヒラルに勝って出場してきた実力は充分に発揮したと思います。
 さて、今日は浦和vsミランの注目の一戦です。浦和の実力を世界に見せつける絶好の機会です。ポイントは、中盤でどれだけ主導権を握れるかです。気をつけなければいけないのは、ピルロだと思います。

|

« 明日はACミラン戦 | トップページ | 高かった世界の壁 »

コメント

今日のミラン戦。
オジェックがミランの名前にビビって、また守備的に試合に入ろうとせんか心配です。
相手が誰であろうと、セパハン戦のような試合の入り方ではいってもらいたい。
DFラインを高く位置に保ち、プレスは1対2で、ボール奪ったらカウンター、マークを外したらエリア外でもシュートを撃つ。
これに尽きます。
どうせ、レッズサポ以外の人は「ミランに勝てるわけがない」と思っているんだから、負けることを恐れず(これは特にオジェックに向けて言いたい)に思い切った戦術、選手交代、選手にはプレーをして欲しいです。

投稿: kobatake | 2007年12月13日 (木) 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすが南米王者!:

« 明日はACミラン戦 | トップページ | 高かった世界の壁 »