« 今シーズンの振り返り① | トップページ | ロビー・・・・ (涙!) »

2007年12月 4日 (火)

今シーズンの振り返り②

 出だしのスタートダッシュに失敗した感はあったが、もともと実力はあるチームなので、その後は結果を出すようになり、戦術面でのバランスの悪さは解消するか期待された。
 それは、GWの鹿島・千葉戦だったと思います。特に、アウェイの鹿島戦は今年のベストゲームだったと思います。立ち上がりに興梠に突破されるが、興梠がそれをミスすると鹿島は何も出来ない。ボールホゼッションと動きでも鹿島を圧倒した。スコアこそ、1−0だったが、内容は完勝だった。特に得点シーンは、啓太が前線に飛び出し、逆サイドの山田へ。山田からの完璧なクロスをポンテが落ち着いて決めた。
 続く千葉戦でも、選手とボールを動かし、得点も、これまた左サイドに飛び出した啓太が、守備に来る水野をまたぬきで交わして、ワシントンに合わせる。DFの背後から来たワシントンも簡単でないシュートを落ち着いて決めた。驚くことに、いずれも前線飛び出した啓太が起点になっているのですよね!
 いずれも、人とボールの動きと個人の力がかみ合った素晴らしいゴールだったと思います。これをきっかけに、戦術面でのバランスの悪さも解消されると思われたが、千葉戦は数的優位を生かせず、不注意なプレーで失点し引き分け、相手に退場者が出るとこういう結果は往々にしてあること。そんな悪い内容ではないが埼スタではブーイングが出る。
 大宮戦の引き分けを挟んで行われたインドネシアでのアウェイ戦、どうみても実力差がある相手に、アウェイの洗練か、国内とは全く違う環境の中、3失点をしたうえで引き分ける。
 続く、G大阪戦も相手のパスサッカーに翻弄され、大量失点も喫するような前半の出来だったが、守備陣の踏ん張りとワシントンの得点(PKは外したが)で引き分ける。
 これを、契機にバランス悪い戦術が定着してしまった気がします。海外遠征もあり、選手達には徐々に疲労が蓄積していき、ダイナミックな動きが少なくなっていった。
 これを補ったのは、勝負強い守備面での踏ん張りでの負けないサッカーでした。勝負強く結果は残したが、前3人と後ろとの間延びした、個の力に頼ったバランス悪く、興行的にも面白みのないサッカーの形が出てきた。
 しかしながら、バランス悪いといいながら、苦手の東海アウェイ3連勝という結果を残してしまった。この結果が、最終的に不幸な結果をもたらす遠因となったような気がします。それに呼応するオジェックの選手固定、……

続く

|

« 今シーズンの振り返り① | トップページ | ロビー・・・・ (涙!) »

コメント

啓太にはもうちょっとミドルシュートの練習をしてほしい。
特に最終戦は打てるチャンスがあったにも関わらず、あえて打たないような節があった。
自信の無さの表れだと思うが、これでは終盤戦のように中を固められたら、打開出来ない。
ミドルを打たないことで、攻撃のバリエーションが一つ減っていることは間違いない。

投稿: kobatake | 2007年12月 4日 (火) 10:01

大分梅崎、浦和へ電撃移籍の記事が・・・。
ガセじゃないなら、スゴイ!

投稿: kobatake | 2007年12月 4日 (火) 10:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンの振り返り②:

« 今シーズンの振り返り① | トップページ | ロビー・・・・ (涙!) »