« 今シーズンの振り返り⑤ | トップページ | 平穏な週末 »

2007年12月 8日 (土)

来シーズンへの課題

 今シーズンの戦術面での課題を考えてみましょう。
 まずは、特定の個人に頼った攻めだと思います。去年から言われた、良くも悪くもワシントン頼みのサッカーでしたが、去年は調子良く今年は悪かった。これにつきたと思います。
ポンテは、今年のJのMVPだと思います。今年の浦和はポンテのチームと言っても過言ではないと思います。プレーの質、態度とも申し分ないと思いました。特に、2度目の累積警告のリーチがかかると主審に異議を唱えなくなりました。ピッチの上での姿は、まさにプロフェッショナルそのものでした。
 しかし、ワシントンにしてもポンテにしても、個の力には限界があるわけで、周りのフォローが必要です。人もボールも動いている時期はあったと思います。それの継続をお願いします。闘莉王が前線に張るならマーカーをつければ良い。しかし、啓太や阿部が前線に飛び出したら相手だって対応しずらい。そういう事です。
 また、選手固定は止めて欲しい。当然、チーム全体で攻めるなら、運動量は求められるわけで、戦術はチーム内に徹底させて、その時の調子のいい選手がでるようにしたら良い。レベルに差がない選手が多く揃っている、それが浦和のストロング・ポイントなのだから、利用すべきです。
 ワクワク感のあるプレーをして欲しい。勝負である以上、勝利を優先することは一番大事です。しかし、余りに勝負にこだわり過ぎると味気ないものになってしまいます。レッズ・ワンダーランド、埼スタ劇場という非日常的空間には、ある意味夢を持って訪れている人は多いと思います。そこでは興行的に面白いサッカーを展開してほしい。興行的に面白いサッカーて何?良く聞かれますが、私的にはチーム全体でもって、相手の守備陣を完全に崩してゴールを奪う、こんなことだと思います。イメージ的には、全盛期の磐田のパス・サッカーかと思います。

 来期は今季の反省にたって準備を進めて欲しい。特にポンテと達也は前半戦は出場出来そうも無いと考えた方が良いかもしれない。また、来年はW杯のアジア予選が開始される。啓太・阿部・闘莉王・坪井は代表に選ばれるだろう。以上の状況を考えれば、準備は早めに進めるにこしたことはない。補強も含めて、来期の構想を建てておかないと大変なことになります。いきなり、今年終盤の負のスパイラルには、決して陥ることのないようにお願いします。

|

« 今シーズンの振り返り⑤ | トップページ | 平穏な週末 »

コメント

その通りです。相手が沈黙するようなサッカーをやって、全勝で優勝を飾ってほしい。やはり国内は勝たないとね!柏木に期待!

投稿: さいもん | 2007年12月 8日 (土) 09:39

長谷部の移籍は決定的?(日刊なので・・・)
戦術に問題はあったけど、個人の成績的には去年より悪い。
そして、リーグ優勝を逃した。
海外移籍は賛成だけど、今年駄目だったものを取り戻してからでも遅過ぎないと思う。
去年くらいのプレーができれば、レギュラーを取れたかもしれないけど、今年の内容ではいくらシエナとはいえ、レギュラーは難しいのでは?
柳沢と較べるのもあれだけど、飼殺し状態で1年を無駄に過ごすことにならないか心配です。

投稿: kobatake | 2007年12月 8日 (土) 13:07

広島のJ2降格が決定し、柏木・駒野にフォーカスを当ててもいいのかもしれない。
しかし、広島はあれだけのメンツがいて、面白いサッカーするのだが、攻守のバランスが悪い。浦和の守備が崩壊するとこのような結果もありえる?

投稿: ホイチョイ | 2007年12月 8日 (土) 23:30

今日の広島は本当にツキがなかった。
でも、落ちるチームは得てしてこんなもの。
明確には覚えてないけど、レッズの時もツキがないと思われることがいっぱいあったような気がする。

スパサカに福田、水内、田口、村松のOB組が出てました。
村松は案の定、ヴェルディネタ。
福田の突っ込みウケました(笑)
OB組と言えば、鹿島学園を破って今年の茨城代表になった水戸短付の監督はかつてレッズにいた巻田でした。

投稿: kobatake | 2007年12月 9日 (日) 00:47

スパサカはうけましたね!水内がニ連覇に向けて乾杯!と言っていました時、字幕スーパーに「(ACL)ニ連覇」と書いてあったのは、苦肉の演出でしたね!

投稿: さいもん | 2007年12月 9日 (日) 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来シーズンへの課題:

« 今シーズンの振り返り⑤ | トップページ | 平穏な週末 »