« スタジアムの建築思想 | トップページ | さそり »

2007年12月27日 (木)

移籍情報

ここに来て具体的な移籍情報が出てきた。
まずは、噂の目玉だった梅崎の獲得が決まった。U20代表選手として、今年のWユース杯の主力で活躍、1世代上のU22日本代表にも選ばれ、北京五輪アジア最終予選に出場した。既にA代表の出場歴もある。
 運動量のあるトップ下の選手で、ポンテが欠場濃厚な来シーズンの前半は浦和のキープレヤーになると思います。
 しかし、20歳の若手の移籍料が2億円、三都主・阿部が4億円と言われたが、その半分ですが実績ということからすれば、全くかなわない。そのあたりのリスクはありますが、20歳という若さは魅力的です。リーグ全体からしてみても、大分のような育成型のクラブに移籍料が入るわけですから、所得の再分配ということからしてみても望ましいことですよね。
 今野の移籍も間近のようですね。なんでも、昨日の移籍の決意を伝える為に、城福新監督?に面談したが、強烈な慰留攻勢にあい移籍希望の話は伝えることが出来なかったらしい。報道によれば、浦和移籍の決意は固く、年明けには決まるようです。今野は契約満了に伴う移籍で、移籍料は発生しない?
 黒津も狙っているらしい。川崎は、フッキの復帰とチョンテセの成長で、FWの人材に余裕があること、オジェックが左ききのスピード系のFWの獲得を希望しているため、オファーを出すようです。何気に黒津っていい選手ですよね。足に不安を抱える達也のサブでの起用となると思いますが、浦和の選手構成からすれば欲しい選手ですね。

若手は、
近藤ー愛媛から復帰
大山ー湘南へ再レンタル
横山ー愛媛へ完全移籍
中村ー湘南へ完全移籍
近藤は愛媛でもレギュラーをとり、もともと期待されていましたが怪我で低迷した。大山も、愛媛では右サイドでで活躍、湘南でもレギュラーを取れれば復帰の目もありますね。
エジミウソンの移籍はどうした?

|

« スタジアムの建築思想 | トップページ | さそり »

コメント

黒津に関しては、今野より優先すべきかと。
自分は頭角を現してきた時から黒津には注目していて、いずれは代表入りするだろうと思ってました。
ナビスコの決勝で川崎は黒津をスタメン起用しなかったですが、2トップなら左のウイング(確か慣れないDFがやってた)でもういいから起用すべきだったと今でも思います。
あれほどの選手をベンチに置いておくなんてもったいないです。
フッキが戻ってくることによって、我那覇か黒津の放出はほぼ決定的みたいなので、獲れるならぜひ獲得してほしいです。

確かにエジミウソンの情報って、全くないですよね。
黒津の記事にエジミウソンは内定とは書いてありましたが。

広島の柏木は残留か柏に絞ったみたいです。
柏以外のチームには早々お断りを入れたとか。

個人的には右サイドの補強をしてほしいのですが、水野に関してはガセっぽいですね。
複数のポジションをこなせて右サイドも出来るのはいいことですが、右サイドしか出来なくてもいいから、スペシャリスト的な選手が欲しいですね。

投稿: kobatake | 2007年12月27日 (木) 09:59

年末になって、一気に進展ですね。
エジミウソン獲得も公式HPにも出てました。
あとは、黒津が来てくれるとFW陣はかなり充実してくるんですけどね~。

投稿: kobatake | 2007年12月29日 (土) 01:21

アルビレックス新潟のサポーターです。
新潟の主力として活躍していたエジミウソンが移籍すると聞いたときは正直ショックでした。あの強いエジミウソンがとても強い浦和レッズにいってしまうとますます浦和がつよくなるし逆に新潟は弱くなってしまうとおもったからです。でも新潟にはブラジルの2部得点王がくるらしいから心配いりません。エジミウソンが浦和にいってしまうのは寂しいことですが浦和にいってもがんばってください。来シーズンの最終節エジミウソンが得点王になったという情報楽しみにしてます。レッツゴーエジミウソン!

投稿: 新潟サポーター | 2007年12月30日 (日) 16:18

新潟サポーター 様へ >
エジミウソンは浦和戦でも、いやらしいというか、フィジカルの強さをいかしての得点と記憶しています。年齢25歳とまだ若いし、Jでの実績これがポイントだったと思います。
新潟も、サポの熱さでは浦和並み。サポの声援あって、今年の成績を残せたと思います。
河原と田中アトムは忘れません。

投稿: ホイチョイ | 2007年12月30日 (日) 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移籍情報:

« スタジアムの建築思想 | トップページ | さそり »