« 今日はセパハン戦 | トップページ | ゲッター撲滅! »

2007年11月 8日 (木)

ACL決勝vs セパハン戦

 どうコメントしたら良いか、非常に難しい試合でした。良い時間帯に先制点を上げながら、悪い時間帯に失点、その後も一方的に攻めまくられるが、耐え抜き価値あるドローという事なのでしょうか。
 スタメンは
FWーワシントン・永井
MFーポンテ・長谷部・啓太・阿部・平川
DFーネネ・堀之内・坪井
GKー都築
 達也はベンチからのスタート。山田に変わり右サイドは阿部、闘莉王の代役は堀之内、ネネが左CBに入る。主審は前回アジア杯ヨルダン戦の主審を努め、PK戦のゴールを変えたマレーシアの猿顔男?
 前半は、お互いに好守が入れ替わる面白い展開、浦和は左サイド中心に攻めたてる。セパハンは、細かくパスを繋いで中央突破を図る。中央突破は浦和がラインを下げて対応すると、余り怖くない。やはり、サイドに降っての攻撃がこわい。
 浦和は、左サイドからのポストを叩いた永井のミドルシュート、抜け出したワシントンがヘッドに当てさえすれば良かったが、すんでのところでクリアされたプレー、決定機はあった。永井は、もう一本タイミングの良い形でミドルを放っていた。これがポンテの先制点の伏線になる。
 前半終了間際、左サイドの長谷部から、ポンテへ、PA左でボールを受けたポンテが見事なコントロールで、ポストに当たりながらネットを揺らす。ボールも、ほぼ無回転の素晴らしいシュートでした。
 後半に入ると、開始直後に右からのクロスを、坪井がクリアしそこない?、ボールはPA内の相手に。都築は一旦はセーブするが、ポストに当たり相手の足元へ、これをカリミに決められる。
 ハーフタイムでは一体どんな指示が出たのか、交代選手の対応?疑問が残ります。
その後は、セパハンの一方的な展開。しかし、セパハンも攻めの工夫が無い。ラインを下げた浦和に対して、中央で細かいパスを繋いでも、ゴミゴミするだけで、効果的と思えない。時折見せるサイド攻撃で決定機作るが、如何せん決定力が弱い印象。
 浦和も、永井→達也で局面の打開を図るが、効果的と言えず。いつものように、まえ3人との距離があき、こぼれ球も拾えなくなる。
 セパハンの猛攻を凌いで、何とか引き分けに。耐え抜き価値あるドローを評価しましょう。ただ結果からすれば、今シーズンの典型的な戦い方ですね。相手からすれば、勝てる1戦をむざむざ逃した。
 さあ!次は埼スタです。HERE WE GO!!

|

« 今日はセパハン戦 | トップページ | ゲッター撲滅! »

コメント

前の城南戦もそうなんですけど、試合の中で必ずリードしてる時がありながら、最終的にはそのリードを守り切れずに追いつかれる。
逆に追いついた上でのドローなら、価値ありと評価できるのですが・・・。
次のホームで、先制点を取られた時に2点を取らなければいけないプレッシャーに勝てるか?
ホームと言えど厳しい試合になるのは、間違いないと思います。

投稿: kobatake | 2007年11月 8日 (木) 09:37

それにしても坪井はお粗末だった。何かあったのか?クリアーも上がりも中途半端。本当は坪井を攻めたくないけど、昨日のプレーには??でした。後半開始の同点弾がなければこんな展開にならなかったかな?
先制したレッズは何故か勝ちきれない。強い相手にはそれなりに。弱い相手にもそれなりに。合わせられるのは強い証拠か?なんだかレッズ全体が山田化しているかも。早く覚醒してほしい!

投稿: さいもん | 2007年11月 8日 (木) 16:05

kobatakeさんへ>
せっかくアウエイでリードしながら追いつかれる。本当に忸怩たる思いがあります。埼スタでの1戦、とにかく相手にプレッシャーを与え続けましょう。

さいもんさんへ>
アウエイで楽勝し、埼スタで負けるけど結局勝つとした、私のストリーは完全に外れました。埼スタで勝つのみ!!

投稿: ホイチョイ | 2007年11月 8日 (木) 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL決勝vs セパハン戦:

» ACL決勝 1st Leg 対 セパハン IN 力(試合前) [カフェな感じ]
昨日は力で観戦。 浦和レッズ休暇中(それならイランに行け!今度 詳しく書きます)の自分は暇人。 ってことで昼前にスポーツジムでメタボ脱出に向けて、汗を流し、ご飯食べて浦和に向かう。... [続きを読む]

受信: 2007年11月 9日 (金) 00:40

« 今日はセパハン戦 | トップページ | ゲッター撲滅! »