« ゲッター撲滅! | トップページ | CWCのチケット »

2007年11月 9日 (金)

セパハン戦の課題

  セパハン戦は引き分けという結果に終わったわけですが、セパハンは強かったですね。
後半は、DFラインが下がってしまい、いつものように中盤にスペースが出来て、セカンド・ボールもことごとくセパハンに拾われる展開。これでは消耗するのも当然と言う感じでしたね。前の3人にいい感じでボールが入らないので、後半はほぼノー・チャンスだった。見ている我々以上に、選手達はストレス掛かる試合だと思いました。
  セパハンは、中東のチームらしく細かいパスを繋いで来るチームでしたが、最後のところの決定力に正確性が欠けたので助かりました。
  また、攻撃も中央突破が中心だったので、中央からサイドに振られたら厳しかったかも知れません。今の浦和の、ゴール前を固める戦略は、確かにJリーグレベルなら通用するが、上のレベルには通用しない。特にミドル・シュートに精度のある選手がいるチームには、コテンコテンにやられてしまう気がします。
  セパハンのDFは、、ワシントンなり達也には二人のディフンダーが対応してきます。前半、平川が左サイドから攻め込みチャンスを掴んだが、攻めに人数を掛けないとゴールをあげるのは難しい。
  サイド攻撃、長谷部のドリブル突破が必要です。前の3人の単騎攻撃では厳しい。となると、後半のような展開は避けるべき。しかし、そういう展開に追い込まれて原因は何なんでしょう?後半から、代わった2人の選手がポイントだったのでしょうか?
これは第2戦を迎えるに当たっての課題ですね。

|

« ゲッター撲滅! | トップページ | CWCのチケット »

コメント

テレ朝エライ!
第2戦の放送も当初の予定ではBS朝日だけだったらしいのですが、地上波でも放送することが昨日決まったみたいです。
代表戦を除くとゴールデンタイムのサッカー中継は3年ぶりとか。
14日は定時あがり決定です。

投稿: kobatake | 2007年11月 9日 (金) 12:16

でも、角澤と松木のコンビ?やめてけれ!

投稿: ホイチョイ | 2007年11月10日 (土) 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セパハン戦の課題:

« ゲッター撲滅! | トップページ | CWCのチケット »