« ビッグ・ウェンズデイ! | トップページ | 前社長は愛のムチ »

2007年11月14日 (水)

速報セパハン戦

 満身創痍の浦和、川崎戦での故障者が、どうなるか注目されたが、スタメンは川崎戦と同じ、
FWーワシントン・永井
MFー阿部・平川・長谷部・啓太・ポンテ
DFー堀之内・闘莉王・坪井
GKー都築、
主審はウズベキスタン、
 前半は、浦和のペース。セット・プレー闘莉王のフリーのヘッドあり。前の3人のコンビネーションが良い。攻めだけでなく、守りでも高い位置から追いかける為、前と後ろから挟み込む形になり、セパハンは第一戦で見せた、細かいパスからの中央突破は不発。
 浦和は、ポンテのスルーパスを相手DFがクリア・ミス。そのボールが永井の足元にこぼれ、永井は渾身のシュートで、GKの頭上をぶち抜く。まさに魂のこもった一発でした。
 浦和は選手間の距離が良く、セパハンのチャンスらしい、チャンスは無い。守備に関しては、非常に高い集中力ありました。
 後半に入ると、セパハンは第一戦と同じで、攻撃の選手を入れて3トップのフォーメーションに変更すると、浦和は防戦一方となる。しかし、DFラインを上げようとした意識が高かった。

 苦しい時間帯をしのぎきると、闘莉王→ワシントンのワンタッチから永井へ、永井のシュートはGKがはじくが、阿部が冷静に詰めて2点目。

 その後も、セパハンは人数をかけて攻めにくるので怖かった。決定機は数回あったが、オフサイドに救われる。2点差の攻防は非常に難しい。ましてや、2-2になると。浦和の負けとなってしまう。絶対に1点返されない展開でもって臨む。

 セパハンは、長距離移動と、濡れたピッチコンデションに悩まされ、第一戦の時のような実力を発揮できなかった。

 その後、いつもの選手交代をして時間を使い、タイムアップ。浦和は念願のアジア王者になる。

浦和レッズ、チャンピオン!

浦和レッズ、チャンピオン!

浦和レッド・ダイアモンズ、世界に輝け!

PS、明日の10:00からぴあでCWCのチケットの追加販売があるそうです。

|

« ビッグ・ウェンズデイ! | トップページ | 前社長は愛のムチ »

コメント

苦しみながらもなんとか勝ちましたね。
勝つとしたら、完封でしかあり得ないと思ってました。
今回はワシントンもおとなしく交代してたし、何より2点目はワシントンの自分を殺したプレーに尽きると思います。

それにしても、職場のフロンターレサポの情報通りで相手のGKよかったですね。
闘莉王、ワシントンの決定的なシュートも止めてましたし、永井のシュートも触ってましたよね?
セパハンというチームも中東のチームにしては、ラフプレーもなくかなりフェアなチームでした。

あと、Jのチームがアジア王者になるとJ王者枠はセパハンになるんですね。
結局、また対戦する可能性が高いです。


投稿: kobatake | 2007年11月14日 (水) 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報セパハン戦:

« ビッグ・ウェンズデイ! | トップページ | 前社長は愛のムチ »