« 敵地で価値ある引き分け | トップページ | ACLホーム埼スタチケット »

2007年10月 5日 (金)

ベストメンバー規定

 川崎のメンバー大幅な変更問題について、カズが今朝の日経で物申している。
犬飼さんの発言に対して過剰反応している感じがします。人は機械でないのだから、ACLの過密日程をこなす中で、当然疲労感も出てくる。そこで、ターンオーバー制という議論になると思う。ただ、それには選手層を厚くすると云う事が大前提になると思います。明らかに力の劣る選手を出してしまっては、ターンオーバーはないでしょう。
 まず、今回の川崎の件を整理すると、リーグでは中位に沈み優勝争いは厳しい。優勝可能性のあるACLを優先したい。この考えは十分理解出来るし、川崎はACLでは結果を残し中東でのアウェイでも、スコアレスドローとアウェイの戦いとしては結果を出してきた。
当然ホームでの決戦に集中したいのは分かる。しかし、メンバーを大幅に入れ替えた柏戦0−4の惨敗!
 これは本当に間が悪い。客観的情勢とそれから導かれての結果。犬飼さをが怒るのも無理はありません。川崎サポが、裏切られていないという弾幕をだしていたが、0-4の試合を見たら、どうなんすかね?選手層が薄いなかでの遣り繰りだからしかたない?でも、興業として見たらどうなんですかね。
 カズは、サポーターへの裏切りと怒った犬飼さんに対して、出場した選手への侮辱とカズはしている。これは選手としての発言で、結びは協会・スポンサー・Jリーグとは立場も意見も違うので、意見をぶつけてコミュニケーションを深めるしかないとしている。
 ありきたりの結論ですが、アジア・チャンピオンになろうすれば、チームだけの努力では無理。回りのサポートが必要。ただ、そのサポートを得るにはチームも、これだけやっているという自助努力も必要。そういう意味からすれば、浦和は選手層は厚くしており、周りからサポートを得やすい体制にはなっていると思う。選手層を厚くしておいてのターンオーバーなら、今回のような残念な結果ながら、関係者の理解は得られたのでないでしょうか?

|

« 敵地で価値ある引き分け | トップページ | ACLホーム埼スタチケット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベストメンバー規定:

« 敵地で価値ある引き分け | トップページ | ACLホーム埼スタチケット »