« 代表エジプト戦 | トップページ | 明日は千葉戦 »

2007年10月18日 (木)

ドーハの悲劇再び!

U22五輪最終予選のカタール戦は、後半のアデッショナル・タイムにPKを決められて、1−2で痛恨の敗退!前半に先制するが、その後は相手ペースで、踏ん張り切れずに後半に同点弾をくらい、さらにアデッショナル・タイムにハンドの反則PK献上、本当に悪夢としか思えない展開で、1−2で痛恨の敗戦。このPKでの敗戦は、今回の予選の展開を左右しかねない、本当に大きなプレーだったと思います。
ただ勝ち点は7でカタールに並んでいる状況なので悲観することはありません。カタールとの直接対決が無い以上、とにかく残り2戦2勝は絶対条件となります。特に、次のベトナム戦は勝利しかない。第二のドーハの悲劇だけには、なって欲しく無い。勝ち抜けのレギュレーションはどうなっているのか?①勝ち点②得失点差③当該チームの対戦成績④総得点の順番?

代表エジプト戦は、4−1の快勝。しかし、エジプトには2人の欧州組と7人のアルアハリの選手がいなかったことを割り引かねばならない。
大久保の代表初ゴールを含む2得点、大久保の実力からすれば遅きに失した感もあります。1点目のミドル、2点目のヘッドも素晴らしいゴールでした。前田もチームに馴染めば、もっと良いプレーが出来るでしょう。
ただ課題はあります。セットプレーからの1失点に抑えたが、何故かゴール前で相手にボールがこぼれたシーンが2回程ありました。結局はエジプトのシュートミスに助けられたが……。両サイドのプレーも物足りない。まずは守備なのかもしれないが、余りに消極的。

|

« 代表エジプト戦 | トップページ | 明日は千葉戦 »

コメント

試合前からは勝ちか引き分け。
試合展開からも最低でも引き分けは狙えるは拾えると思ったんですけどね・・・。
あのシナリオは誰にも予想できません。

エジプトは確かに後半、「なぜ外す?」っていうくらいのピンチでミスってくれたシュートが2本ありましたね。
加地の切り返しから、左足でコース狙ったシュートにはビックリ。
山岸は今まで一番よかったよーな。

投稿: kobatake | 2007年10月18日 (木) 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドーハの悲劇再び!:

« 代表エジプト戦 | トップページ | 明日は千葉戦 »