« ポンテの活躍 | トップページ | 城南一和戦2ー2 »

2007年10月 3日 (水)

城南一和戦を前に

ACL準決勝第一戦が、アウェイの韓国で今日19時にキックオフされる。城南にはA3で辛勝したが、終了間際には乱闘騒ぎも起こし、勝ったものの後味悪い勝利となってしまった。注意すべきは相手のラフプレー、全北戦のような戦いが出来るか、負けないで点を取る。これが目標です。
ところで、ワシントンの移籍問題が発生してきた模様です。ワシントンは、今シーズンは、20試合に出場して11得点と云う結果、しかし、今季は起用法・練習法を巡りオジェックと対立したり、足の故障治療を理由にシーズン途中でのブラジル帰国など、年俸3億円と言われてわりには、ちと淋しいのが今シーズンの結果。加えて32才の年齢的な問題もあり、移籍の可能性があるらしい。何でも名古屋が狙っているとか。
浦和の外国人ストライカーは、ワシントン・マリッチ・エメ・トゥットと、J1復帰してから外れはない。エジムントと云う例もあるが、結果としてそのシーズンの長谷部のブレイクにつながった。G大阪の例を見ても、Jで結果を出している選手を他チームから資金力にものをいわせ強奪する、これが効率的かも。

|

« ポンテの活躍 | トップページ | 城南一和戦2ー2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城南一和戦を前に:

« ポンテの活躍 | トップページ | 城南一和戦2ー2 »