« ACL QF② 全北現代戦(9/26@全州) | トップページ | 穏やかな秋空 »

2007年9月27日 (木)

ACL準々決勝を終えて

 準決勝の相手は、城南一和がアル・カラマを撃破し、トータル3−1で勝ち上がり。浦和は来週水曜日にアウェイで城南と準決勝の第一戦を行う。うぃ~あ~は、これで2週連続の韓国遠征が決定!
 また、川崎の敗退により決勝は中東遠征が決定しました。川崎は惜しかったですね。しかし、どんなにシュートを打とうとゴールを取らないとね、PK負けは良くある話。セパハンもしぶといチームですね。
 しかし、昨日の浦和の戦い方は、大人の戦い方でした。発煙筒がたかれ、ロケット花火が飛ぶ日本ではありえない緊迫感の中、第一戦を落とし後がない全北は、闘志剥き出しで当たってきた。しかし、達也の先制点が立ち上りいきなり決まり、全北は焦りから反則を繰り返し退場者を出した。その後も、達也・ポンテにはレイト気味のチャージを連発。はては、闘莉王に肘打ちをくらわせるわ、ゼカルロは浦和のベンチに強烈なシュートを叩き込む始末。また、オウンゴールが入り、試合がはぼ決まると今度はペットボトルが飛んで来る。
 しかし、そんな中で浦和は冷静に試合を進めた。決して相手の挑発にのることなく、確実なボール繋ぎで時間を消費した。
 本来ならば、全北には後1~2人退場者が出てもおかしくない内容でしたが、ゲームを壊したくない審判が、選手に注意を与え必死にゲームをコントロールした結果。そういえば、達也が大怪我をした柏戦も、退場者を2人出して、ゲームが壊れた後だった。審判のレフリングは妥当だったと思います。
 さて、これからが正念場!リーグ戦とACLの2冠をめざそう。

PS. 朝鮮日報の記事はわろた。どうすれば、こういう記事がかけるのか?不思議だ。

|

« ACL QF② 全北現代戦(9/26@全州) | トップページ | 穏やかな秋空 »

コメント

やっぱり来たか城南、って感じでしょうか。
最近、レッズはマジで強いです。
ワシントンが緊急帰国しちゃったあたりから、チームにまとまりが出てきたような気がします。
あとは、大宮の時みたいにガチガチにひかれて場合に、どうこじあけるかが課題でしょう。

投稿: kobatake | 2007年9月27日 (木) 09:27

レッズ勝っても憂鬱です。ホイチョイさんはどうですか?

投稿: さいもん | 2007年9月27日 (木) 22:45

永井の好調が大きい。FWはターンオーバー制が取れている。

投稿: ホイチョイ | 2007年9月27日 (木) 22:54

永井の好調は今の原動力だと思う。FWを3人で回せるのは、レッズがいい循環期に入っている証拠だとも思います。
でもこんな時期に職場はタライ回しはないと思いますがけど。

投稿: さいもん | 2007年9月27日 (木) 23:33

実を言うと自分もニュースでゴールシーンを見て思ったのですが、達也の1点目はオフサイド臭いですね。
ポンテがシュートを撃つ少し前は明らかにオフサイドポジションにいて、撃とうとしたときに達也が戻ろうとする動きがあるんですけど、撃った瞬間は最終ライン内に戻りきれてないように見えます。(オフサイドルール間違えてないですよね?)
まあ、それを抜きにしてもオウンゴールがあるんで勝ってたと思いますがね(^^)

投稿: kobatake | 2007年9月28日 (金) 02:52

達也のシュートは確かにオフサイドくさいですね。しかし、この手のゴールが認められてしまうケースは良くありますよね。

投稿: ホイチョイ | 2007年9月28日 (金) 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL準々決勝を終えて:

« ACL QF② 全北現代戦(9/26@全州) | トップページ | 穏やかな秋空 »