« 代表スイス戦 | トップページ | シマンテック »

2007年9月12日 (水)

U22カタール戦

 北京五輪最終予選の折り返しとなる今日の試合、勝つか負けるかで、大違いとなる試合でした。

 やはり、平山はベンチで森島のワントップ。その下に、水野・家長・柏木、ボランチは梶山・本田、DFは伊野波・水本・青山・内田というメンバーでスタート。立ち上がり、6分FKから梶山のヘッドで先制。

 その後も、日本のペースで、カタールは全くいい形を作れず。日本は、セットプレーからのビックチャンス、森島のヘッドとかあるが、追加点は奪えず。柏木・森島・内田と下の世代の健闘が目をひく。かなり、チームに溶け込んでいる様子。

 後半は、カタールに押し込まれる場面もあるが、奇跡的なセーブが2回あり、カタールに得点は与えず。本田が不用意なペプレーで2枚目のイエローをもらうが、かえって集中心が高まった気がした。気迫を前面にだし、5分あったロスタイムも危なげなく乗り切る。

 確実にチームが進歩している、特に下の世代の3人は良く動いていたし、プレーに気迫を感じた。また、青山・水本のCBは安心して見ていられた。前半を終えて、2勝1分けの結果の上出来。

 前回の予選も同じでしたね。前半を終え2勝1分け、食事が合わず、選手はゲリピーの中で戦うという厳しい戦い。人間力は思わず泣いてしまいましたね。

 さて、日本1歩リードですが、油断はできず。次のアウエー、カタール戦ではまけないことが重要。

|

« 代表スイス戦 | トップページ | シマンテック »

コメント

梶山骨折だそうで。
ちょっと、脆いような・・・。

投稿: kobatake | 2007年9月14日 (金) 11:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: U22カタール戦:

« 代表スイス戦 | トップページ | シマンテック »