« ACL QF① 全北現代戦(9/19@埼スタ) | トップページ | 横浜FM戦を前に »

2007年9月22日 (土)

ACL第1戦を終えて

 ACLノックアウト・ステージ第1戦が終了した。浦和vs全北現代戦、城南一和vsアルカラマは、ともにホームの浦和・城南が2ー1で勝った。
 もう一方のドローでは、川崎vsセパハン、アルワハダvsアルヒラルは、ともにスコアレス・ドローと云う結果に終わった。
 やはり、予選を勝ち上がったチーム同士の対戦となると接戦になりますね。浦和のドローでは浦和のドローでは浦和と城南が勝ったが、第2戦ではアウェイで零敗は許されい状況で、全く予断を許さない。浦和として、絶対に避けたいパターンは、セットプレーから出合い頭的に失点すること。しかし、第2戦も状況的には勝たねばならず、余計なことを考えずに試合に臨める。
 川崎は惜しかったですね。勝てるチャンスは十分にありましたね。次はホームでの一戦となり、川崎有利でしょう。もう一つの中東勢同士の対戦も引き分け。いずれにしても楽な試合はありませんね。

|

« ACL QF① 全北現代戦(9/19@埼スタ) | トップページ | 横浜FM戦を前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL第1戦を終えて:

« ACL QF① 全北現代戦(9/19@埼スタ) | トップページ | 横浜FM戦を前に »