« 過密日程 | トップページ | おっさんUPに行く! »

2007年9月18日 (火)

全北現代戦を前に

 先週末、韓国ではKリーグで全北現代vs城南一和の一戦があった模様です。結果は2ー1で城南一和が勝ったようです。
 全北現代は、外国人のFWが要注意のようです。おそらく、浦和との一戦は、アウェイと云うことを考えると、その外国人を前線に残し、引いてくる布陣が予想される。
 浦和としては、アウェイゴール・ルールが採用されていることを考えれば、絶対に失点は防ぎたいところ。初戦は、攻めは、前のワシントン・ポンテ・達也の3人に任せ、守備重視で行くのがいいか。スコアレス・ドローは想定の範囲内と思っていたほうがいいと思う。
 ただし、ACLというか、アジアの戦いですと、ホームとアウェイでは全然別のチームになってしまう。だって、ペルシクに3点も取られるなんて想像出来ました?また、その後のA3でもそうですね。とにかく、アウェイでの失点の多さが気になります。とにかく、ホームでは、どんなしょぱい戦い方でもいいから、1−0でもいいから無失点勝ちすること。
 ACLでの戦いは、内容ではなく結果が求められると云うこと。不用意なプレーは厳禁、ミスから失点は絶対やってはいけない。

|

« 過密日程 | トップページ | おっさんUPに行く! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全北現代戦を前に:

« 過密日程 | トップページ | おっさんUPに行く! »