« ターンオーバー制 | トップページ | ACL準々決勝を終えて »

2007年9月26日 (水)

ACL QF② 全北現代戦(9/26@全州)

 試合を見た正直な感想、やっぱり全北現代は弱かった!これは、埼スタの1戦を見終えた時の感想が、確信に変わりました。浦和が、セーフティ・ファーストでかつ、怪我を気をつけながら戦っていたから、2-0で済んだが、浦和がまじモードで戦ったら殺戮ショーが展開された?それほど、全北は手ごたえなっかた。

 また、試合終了後に中指突き立てた7番、逝ってください。ラフプレーしか出来ない2番、退場にならなっかたのが不思議。はっきり言ってACLに出るにはふさわしくないチームでした。これが、去年のACLチャンピオンとは・・・・・・・。とほほ・・・・・・・・。

 今日の試合見る限り、前年のACLチャンピオンの予選免除は必要ありませんね。中東16チーム、東南アジア16チームの割り振りにして、チャンピオンチームには一応敬意をひょうして、予選から出場するようにしたらと思います。日本のJの実力からして3チームは出場しても良いですね。G大阪出場していたら、日本勢同士の決勝戦も充分にある得るとおもいました。

 さて、今日の試合。スタメンは

ーーー達也ーーー永井ーーー―
ーー平川ーーポンテーー山田ーー
ーーーー長谷部ーー啓太ーーーー
ーー阿部ーー闘莉王ーー坪井ーー
ーーーーーー都築ーーーーーーー

という布陣。ワシントンはベンチから。審判はサウジアラビア団。

 前半、浦和はいきなり相手のミスから、こぼれたボールにポンテが反応してシュート、GKがはじいたところを達也が詰めて、いきなり先制。その後も、浦和は中盤を支配して浦和のペース。

 全北は、ステボの1トップに、トニ先発。ステボには、ボールを集めるが、スピードないのは致命的。浦和のDF陣を振り切ることが出来ない。また、苦し紛れに精度のないクロスをあげて、闘莉王にはじき返される。ドリブルで切り込もうにも、坪井にカットされる、そんなパターンが続く。これはまずいと思ったのか、なぜか、15分でゼカルロに交代。

 交代したとたんに、PA内に切れ込んだ選手がシュミレーションをとられ、今日2枚目のイエローで退場。坪井の足が、かかっていたかに見えたが、それまでのラフプレーの連続で審判の印象を悪くしていたのが、運のつきでした。

 1人少なくなって、全北は攻め込んできて、全北のペースかと思うが、危ない場面は浦和DFが目をつんでおり、全北に攻めさせているという展開でした。前半のうちに、2点目を撮り、試合を決めたかったが、とにかく全北のプレーが荒くなり、その辺も踏まえて浦和は試合をコントロールしていた印象です。相手にチャンスらしいチャンスを与えずに前半終了。

 後半に入っても、浦和がゲームをコントロールしていた。とにかく、相手が荒いプレーをしてくるが、相手の挑発にも乗らず、大人の試合運び。第一戦同様、20分過ぎに全北は足が完全に止まってしまい、あとは韓国の特徴である根性勝負。

 しかし、CKキックから痛恨のオウンゴール。というか阿部の動きに幻惑されました。しかし、試合の流れすれば必然の失点でした。これで、試合は決まり。その後も、全北はラフプレーの連続で、選手の怪我が心配でした。特に、相手の2番の汚いプレーには頭にきましたが、トイメンの山田は冷静に対応していました。こういう時、さすがに頼りになるキャプテンでした。

 その後、浦和はいつもの選手交代をして、ゲームをコントロールして試合終了。2-0というスコアは物足りなくもなかったが、全北には全く決定機を与えず、また相手のラフプレーにも惑わされることなく、まさに大人の試合運びでした。

 さて、来週はまた韓国になるか、はたまたシリアになるか、楽しみです。もちろん、全州スタジアムには「WE ARE DIAMONDS」が鳴り響いたことでしょう。

 

 

|

« ターンオーバー制 | トップページ | ACL準々決勝を終えて »

コメント

やっぱり、移動を考えると韓国の方がいいのかもしれないですけど、チームとしてはシリアの方がいいのかもしれませんね。
韓国は相手が日本だと実力以上のものを出してきますから、油断はできません。

投稿: kobatake | 2007年9月27日 (木) 01:27

しかし、韓国の根性サッカーは興業とした面白くない。この辺が、Kリーグの人気の無さの原因か。

投稿: ホイチョイ | 2007年9月27日 (木) 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL QF② 全北現代戦(9/26@全州):

« ターンオーバー制 | トップページ | ACL準々決勝を終えて »