« 埼スタ到着 | トップページ | 第22節 FC東京戦(8/25@埼スタ) »

2007年8月25日 (土)

速報瓦斯戦

前節、甲府に快勝して首位を奪回した浦和ですが、夏休み下位チームとの対戦が続き、ここはきっちりと勝ち優勝への地固めをしたいところ。また、浅からぬ因縁の瓦斯には、きっちりと勝って降格争いへの引導を渡したいところ。
スタートは、故障の坪井に代わって堀之内を起用。
FWー達也・永井
MFーポンテ・長谷部・啓太・山田・平川
DFー阿部・闘莉王・堀之内
GKー都築
サブに伸二が入り、岡野は怪我で外れる。主審は松尾。
前半、立ち上がり浦和ペース。山田→達也の決定的チャンス、阿部が蹴った2本のFKなど、浦和のペース。瓦斯の攻めは大ざっぱで、概して適当という印象。しかし、これしかないという偶然の得点。
しかし、それをあっと間にひっくり返される。瓦斯のチーム状態を表している。
2点はいずれも平川のアシストから。達也は、あのブラインドから出て来られるとDFは対応出来ない。堀之内も、ホリらしい、体で押し込んだ堀之内らしい泥臭いゴールでした。
後半に入っても、浦和のペース、達也の潰れたボールをポンテが右のアウトで冷静にゴール。FKからの失点は余計だった。瓦斯は平山投入するが、かえってボールの回りがわるくなったような気がした。その後、双方ダラダラの展開続いたが、選手交代し、逃げ切り。終了間際、闘莉王が脳震盪?で退場、容態がちと心配!

|

« 埼スタ到着 | トップページ | 第22節 FC東京戦(8/25@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報瓦斯戦:

« 埼スタ到着 | トップページ | 第22節 FC東京戦(8/25@埼スタ) »