« ACLレプリカ | トップページ | 2つの代表戦② »

2007年8月23日 (木)

2つの代表戦

まずは、A代表のカメルーン戦、後半途中からしか見られませんでしたが、前半は達也・前田・大久保の3トップで望んだようですが、どうだったのですか?
達也は「仕掛けることは出来た」というコメントを出し、オシムも「一部の選手が興味深いプレーをしてくれた」と一応の評価もしたようだ。啓太と阿部のバランスはどうだったのか?浦和では、同時にボランチに起用されるとバランス悪い印象があるのですが。
闘莉王・山瀬のゴールは良かったですね。今回の闘莉王の出来で、骨格となる選手は固まったのでは。

五輪最終予選ですが、ひどい出来でしたね。ラストパスとシュートの精度、決定力が足りなかったと、反町監督は振り返っているが、ドン引きの相手を考えれば、全くいいとこなしと言うことですね。
平山酷すぎ!何か、この若さで年々劣化していくのはいかがなものか?明らかに4年前の方が良かった。ヘッドの空振りはあるは、フリーのヘッドは外すは、いきなり来たボールに対応出来ずハンドはするは、ミスのオンパレード!相手は身長が低いのだから、平山が活躍してくれないと困る。
トップ下には、家長ではなく、下の世代の柏木を起用。柏木は、運動量と積極的に仕掛けたが、周りの選手とのコンビネーション不足は明らか。
攻めは水野の右サイドに偏り気味。ても、フォーメンション見れば止むを得ない。水野は右SH、細貝右SB、これに対し本田は左SB。右からは人数をかけ攻めたのに対し、左は本田の単騎勝負。
2トップの李は平山の裏を取ろうと言う意識が強いのか、全くと言っていいほど消えていた。
平山にこだわる必要はあるのか?
続く……

|

« ACLレプリカ | トップページ | 2つの代表戦② »

コメント

達也・前田・大久保の3トップは、点に繋がらなかったけどよかったと思います。
1対1は常に仕掛ける感があったし、大久保も前に選ばれたときよりよかった気がします。
3トップのテストだったのでフルタイムじゃなったですけど、フルだったら点が取れてた思うほど、可能性を感じました。

自分もチームでも成績を残せていない平山にこだわるのはどうかと思いますね。
平山がだ駄目だったからではありませんが、カレンの方がリーグ戦に出て、そこそこ点も取ってるからまだカレンの方がいいのでは?
カレンと李の2トップはもうあり得ないんですかね。
セルジオさんも言ってましたけど、攻撃は右一辺倒でしたね。
本田はむしろ、トップ下の方がいいんじゃないですかね。
左は家長固定で。

投稿: kobatake | 2007年8月23日 (木) 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2つの代表戦:

« ACLレプリカ | トップページ | 2つの代表戦② »