« 啓太無理するな! | トップページ | ACL全北現代戦後援会ツアー »

2007年7月22日 (日)

アジア杯オーストラリア戦

 アジア杯準々決勝オーストラリア戦、1-1からPK戦による4-3の勝利でした。結果見れば、PK戦による辛勝ということでしょうが、日本の良い場面とオーストラリアを充分に研究した成果が見られ、内容的には圧勝だったのではないでしょうか。

 日本は、啓太が足の怪我による欠場が心配されていたが、無事に先発。先発は、ベトナム戦と全く同じの、4-4-2の布陣。対するオーストラリアはビドゥカ・アロイージの2トップにブレシアーノのトップ下、キューウェル・ケーヒルはベンチからのスタート。

 立ち上がりはオーストラリアの時間帯。ビドゥカのPA前の振り向きざまのシュートはGK正面、FKからゴール前でビドゥカがヘッドで後ろにそらし、一瞬ヒヤリしたする場面もあったが、序々に日本のペースに。日本は細かくパスをつなぎ、左サイドを中心に攻めを展開する。遠藤が、抜け出しクロスを送るが、巻きのヘッドはわずかに左にそれる。遠藤が再三左サイドを突破してくるが、最後の場面で高原に合わない展開が続く。

 オーストラリアのロングボールに対しては、充分に対策が練られており、中澤はきっちりビドゥカをマークしており、ボランチが挟み込むようなかたちで、ビドゥカの自由にはさせないかたちが続く。こぼれ球に対しても、遠藤・中村が戻ってきて対応しており、こぼれ球からオーストラリアのチャンスとなることなかった。中盤を日本が支配して有利な形で前半は終了する。

 後半に入っても、日本のペース。高原はPA付近からシュートを放ち、GKがはじいたボールを巻がつめるが、GKが押さえる。オーストラリアのGKはどうも、不安定でボールをはじくケースが多くなる。

 ビドゥカは暑さからか、後半に入るとめっきり運動量が低下する。ビドゥカ→キューウェル、とカードを切ってくる。得点はその直後のCKから。キューウェルの蹴ったCKは、グラウンダー系の強いボールで、ニアの選手のところでバウンドして、ゴール前に抜ける。詰めてきたアロイージに決められる。しかし、オーストラリアの攻めは後半はこれだけと言ってよかった。

 続けざまに、ブレシアーノ→ケーヒルのカードを切るが、直後のプレーで中村俊輔からの左サイドからのクロスを、巻が相手DFに競り勝ち中央へ、中央の相手DFがクリアミスをおこし、ボールは高原へ。高原は冷静にキック・フェイントで相手をかわし、左足で左サイドに冷静に決める。取られた直後に取り返す、これはオーストラリアには相当にダメージを与えたものと思われます。

 オーストラリアは、シュミレーションでイエローを取られたり、とうとう相手MFが高原にひじ撃ちをくわせ、一発レッドカードとなる。オーストラリアは、戦法は専守防衛、セットプレーしか反撃機会はないと判断したのか、FWアロイージをさげ中盤の選手を入れる。

 それ以降は、圧倒的に日本がボールを支配する。オーストラリアは、ゴール前を固めるだけで、攻めはキューウェルがキープするだけで、攻めは全くかたちが作れない。日本も、加地→今野と選手を代えてくる。サイドで再三フリーになり、クロスをあげるが正確性なく、中の高原らとは合わない、ジリジリした展開続く。このまま、90分は終了し、延長戦へ突入。

 延長に入っても、日本が攻め、オーストラリアが守る展開が続く。巻→佐藤・中村憲→矢野と攻めの選手交代する。日本の攻めに対して、オーストラリアは守りで精一杯でまた足をつる選手が続出。日本も、遠藤のループシュート、終了間際の中村俊輔のボレー等ビックチャンスはあったものの、ゴールを揺らすことは出来ず、結局PK戦にもちこまれる。

 GKは、最後に中村の決定機を止めた相手の方がのっているかと思ったが、何故かアジア大会に強い川口、いきなり確変モードとなり、前回大会と同じでいきなり神になる。キューウェル・ニールと相手のPKを2連発で止める。日本は高原が外すが、中村はコース読まれてもGK弾けない強さで蹴ったし、遠藤はあの場面であんなPK蹴れるかといういうほど素晴らしいPKだった。駒野がPKキッカーに選ばれたのは以外だったが冷静にGKのとれない位置にける、最後は中澤が決めてPK戦を制し、勝利を決める。(もし、中澤が外してサドンデスにもちこまれたら、啓太の順番はいつなのかと一瞬不安がよぎったのは、TVをみていたうぃあ~の全てが共有した不安?)

 PK勝ちということもあり、辛勝という感じですが、内容は日本がオーストラリアを圧倒した内容でした。また、オーストラリアはハノイの暑さに慣れていなかったか、後半に入ると極端に運動量が落ちました。また、退場者が一人出て、相手に守備を固められてしまい、点を奪えず、フィジカル面強いので引きこもられると厄介になる。このような状況では、カウンターで相手に点を取られてしまうこともあるのですが、今日の日本は冷静に対応、オーストラリアには全くと言っていいほど、攻めのかたちを作らせなかった。

 今回の出場チームの中では、日本の実力は抜きん出ていると思います。油断するとこなく、戦えばおのずと結果はついてくると思います。次試合の相手は、サウジアラビアが予想されます。サウジは予選のあうえーで苦杯を喫した相手でもあり、是非とも勝ってほしいものです。

|

« 啓太無理するな! | トップページ | ACL全北現代戦後援会ツアー »

コメント

はじめまして、ホイチョイさん。
レッズと熱帯魚で検索したら、ここに行き着きました。
自分もレッズと熱帯魚をこよなく愛す、浦和人です。(今は川崎に住んでますが)
以後、宜しくお願いします。

オーストラリア戦の川口は確かに神でしたね。
前回大会もですが、前々回大会でも神でしたよ。
決勝でサウジのシュートの雨あられをファインセーブしまくってましたからね。
前々回大会の川口を見て、俺は正GKは楢崎ではなく川口だと思うようになりました。

投稿: kobatake | 2007年7月23日 (月) 15:50

kobatake さんへ>
熱帯魚は、もう義務で水換えをしているに過ぎなくなってしましました。この時期、水温が上がると苔で汚くなるんですよね。涼しくなるまで少しの辛抱ですか。
月いちくらいでアクアのねたはやりたいと思うのですが・・・・
宜しくお願いします。

投稿: ホイチョイ | 2007年7月23日 (月) 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジア杯オーストラリア戦:

« 啓太無理するな! | トップページ | ACL全北現代戦後援会ツアー »