« 明日はG大阪戦 | トップページ | ポケモン »

2007年7月14日 (土)

アジア杯UAE戦

 昨日のUAE戦についての雑感を。

前の試合では、終了前に同点にされた日本、ベトナムに完敗したUAE、共に今日の試合は勝ちたい一戦となりました。日本のスタメンは、

FWー高原・巻

MFー中村俊・中村憲・啓太・遠藤

DFー駒野・阿部・中澤・加地

GK-川口

以上の4-4-2でのスタートとなった。巻・駒野が復帰。

 前半は、共に先制点が欲しい両チーム、試合開始直後から結構ま攻めあいとなる。しかし、組織力でせめる日本と10番の個人技頼みのUAEとでは、力の差は明らか。暫くすると、日本が圧倒的にボールを支配する展開になる。UAEの選手はいらいらからか、汚いアフターのタックルを連発するようになる。こうなると、少ないタッチ数で、いかにゴールに迫るかが鍵となる。

 先制点は日本、セットプレーからクイックでリスートした、中村のクロスを、中央で高原がフリーでヘッドでゴール。非常にクレバーなプレイでした。日本のクイックスタートにUAEは、一瞬集中力を切らす。中央でフリーの高原がゴール。

 追加点も、右からの加地のクロスを高原が、冷静に胸トラップに、相手DFに反応させる間もなく、豪快なボレーシュートを叩き込む。高原は、コンデションは良いようですね。それと、自信があるのかゴール前での落ち着きぶりが目に付きます。2トップの方が、相手DFのマークが分散する分だけやりやすそう。巻は、高原のスペースを作る動きに徹すればよい。

 その後も、日本攻勢でUAEは、再三危険なタックルを仕掛けてくるが、なぜか審判はカードどころか、ファウルも取らない。と思っていたら、前半終了間際、遠藤のPAのプレーに対してGKのファウルを取り、何とPKをゲット。その後のプレーで高原が故意に手を使ったので、それに対するファウルかと思ったら、なんとその前のプレーが原因。今までのプレーの審判に対して、カードを出さないことを含め日本にPKを与えたか。

 その後、PKを蹴るプレーで中村に遅延行為でイエロー。PKを蹴らせないようにしていたには相手GKだろ。カード出すなら、相手GKだろ。中村は、このPK決め3-0となり、ここでほぼ勝負は決まり。

 後半は、相手の汚いプレーに対する注意と、高温多湿なので、ボールを回して相手を疲れさす展開を図ればよいだけでした。しかし、UAEは汚いファウルの連発で、とうとう啓太が負傷退場となる。まずは、ムタばりの超低空ドロップキックを食らい、その後、かにばさみをくらう。もちろん相手は一発レッド。啓太は、そのプレーでは一旦ピッチにもどるものの、またファウルをくらい交代となる。自分から、交代を要求していたが、どうなんでしょう。あとのコメント見ると、そんなに深刻な状態でないような気がしますが、心配です。

 一人少ない相手にカウンターから失点を喫するが、そのプレーだけであとは冷静にボールキープして、中心選手も交代させられ、試合としてはいい流れではなかったでしょうか。

ポイントは前試合の教訓を生かし、立ち上がりからエンジン全開でいき、セーフティーリードを奪うと、冷静に試合をコントロールする。なにが、起こるか分からない状況でに戦いかたとしては、良かったと思います。

 オーストラリアは、イラクに完敗して予選敗退のピンチ。おうおうにして、こういう状況になると、開き直り何とか予選突破して、優勝なんてケースもある。日本はグループ1位で通過し、オースラリアが2位通過なら、日本との対戦となる。

|

« 明日はG大阪戦 | トップページ | ポケモン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジア杯UAE戦:

« 明日はG大阪戦 | トップページ | ポケモン »