« ココログメンテ? | トップページ | 酒井移籍 »

2007年7月26日 (木)

アジア杯サウジアラビア戦

負ける時はこんなもの。日本の良いところ、悪いところが如実に出た試合でした。
日本のスタメンはいつもの通りで、フォーメーションも4−4−2。立ち上がりは、日本のペース、サウジアラビアはさほど強いと思わないプレスをかける。しかし、前の攻めの4には、スピードがあり、単独で一気にゴール前まで持っていかれてしまう。
日本は圧倒的にボールを支配するか、なかなかシュートまで持っていけない。しかも、サウジアラビアはボールを奪うとスピードを加速して、ゴール前に迫るので、展開としては押されている感じでした。
先制したのはサウジアラビア、ゴール前のこぼれ球にFWが反応して失点。しかし、その直後に遠藤のCKを、中澤がヘッドで叩きこんで同点。その後も日本の時間帯だったが、シュートまで持っていけない。
後半に入ると、立ち上がりに左サイドを綺麗に崩されて失点。今大会初めて、DFが組織的に崩されての失点でした。
しかし、日本も右サイドからの攻めでゴール前にこぼれたボールを、阿部がゴールして同点。
サウジアラビアのプレスを強め、日本もいつものようなパス回しが出来ない。お互いに足が止まってくる。しかし、サウジアラビアの前の4人のカウンターは脅威。決勝ゴールはハサウィ、カウンターから単独で抜け出し、マーク役の阿部は、中への突破は切ったが、縦に圧倒的なスピードで抜け出し、右足のアウトサイド気味のトゥーキックで川口のニアサイドをぶっこぬく。GKとしては、あそこは絶対ニアサイドは抜かれてはいけないところ。
日本は、その後左右にボールを動かして揺さぶりをかけ、左サイド中心に崩しにかかるが、サウジアラビアのゴール前の守備は堅く決定的チャンスは作れない。巻→佐藤、遠藤→羽生、中村→矢野と選手交代するが、羽生がポスト直撃のシュートを放ったくらいで、サウジアラビアにのらりくらりかわされてしまう。
敗因は、後半立ち上がりに集中力をかき、いきなり失点したこと。リードされるとシンプルにゴールを目指せるが、リードされないとそれが出来ない精神面での弱さです。

|

« ココログメンテ? | トップページ | 酒井移籍 »

コメント

サウジのFWを見て、達也みたいなFWが日本代表に必要だと思いました。
1点目、2点目とすぐに追いつきましたが、追いつくことで安心してしまうんですかね~全てが後手後手にまわり、結局、最後は追いつけなかったですね。
予選リーグを通して、両中村はシュートをそれぞれ10本以上打ちましたかね?
俊輔がシュートを打ったシーンは5回くらいしか、自分は記憶にないです(-_-;)

投稿: kobatake | 2007年7月26日 (木) 10:56

チェスが好きな監督が駒不足に陥ってしまいましたね!玉田や大黒みたいなFWがいなかったのは残念でした。達也いればーと私も思いましたね。それにしても佐藤寿人はなんだったんだろう?
代表に気を取られていたら、今度は酒井が!レッズフェスタでさわった掌の感触いまだ忘れません。でもなんであんなに掌がウェットだったんだろう?やはりマイナスイオン?

投稿: さいもん | 2007年7月26日 (木) 21:36

パサーはいたけど、自分で仕掛けられるドリブラーがいなかった。
どんなにかっこ悪くとも、サッカーってゴールした方が勝ちですものね。

投稿: ホイチョイ | 2007年7月26日 (木) 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジア杯サウジアラビア戦:

« ココログメンテ? | トップページ | 酒井移籍 »