« 阿部日本に戻って来い! | トップページ | コリちゃん逝く! »

2007年7月29日 (日)

アジア杯韓国戦

 アジア杯が終了しました。終わってみれば、次回の予選免除も取れない4位の成績、内容と結果がついてないというか、ゴールまでの球運びは日本は他国を圧倒していました。しかし、綺麗に崩すことにこだわるあまり、点が取れない、シュートをしない、今日の韓国戦もそんな1戦でした。

 前半は、立ち上がりこそ日本優勢でしたが、しだいに中盤でプレスをかけられると韓国ペースに。韓国の攻撃も、中途半端はサイド攻撃と、イチョンスの個人技だけで点を取られる気配は全くなし。

 日本は、巻でなく山岸をスタメンに使ってきた。事前の予想では、若手中心に、メンバーを大幅に変えてくるかも、ということだったが、やはり、固定メンバーでの先発、山岸のスタメン復帰の意味はよくわからず。水野・太田らを使い、格好は悪いが、ひたすら動きまくり相手ゴールに愚直にせまる、そんな攻めを見てみたかった。中村スン輔、高原は疲れからかパフォーマンスは明らかに落ちていた。

 後半に入ると、2枚目のイエローで韓国に退場者が出て、監督初め3人の首脳陣の退席が命じられる、極めて珍しい展開に。それ以降は、はぼ一方的な日本ペース。しかし、オーストラリア戦と同じで、ボールは繋いでいるがゴールにつながらず。

 選手交代の固定的。羽生、佐藤、矢野と投入、全試合までと同様、交替選手はゴールは上げられず。しかし、決定機は羽生が2回、佐藤が1回あった。矢野は、延長戦の残り5分で交代し、何を期待したのか、よう分からん。これだけ有利な展開にも関わらず、結果を残せない選手、残念ながら日本代表でのプレーはもう見たくない。代表に入らないでもらいたい。他に、代わりはいるでしょう。

 それに比べ、韓国は明らかに気持ちで日本を上回っていましたね。人数が少なく、足をつりながらふんばり、PK戦でも、5人中2人は川口に止められても、おかしくないキックでしたが、日本に負けたくない気持ちが、川口のセーブをはじいた、大きな要因でしょうね。

 オシムも、高温多湿な環境の中、結局選手を固定し、しかも交代枠までも固定していまったのは納得いきませんでした。また、その交代がことごとくはずれ!ジーコの選手起用と変わらないような気がしたのは俺だけ?今回の結果は一応ベスト4で、オシム解任につながる動きにはならないと思いますが、①ゴールを奪い取る泥臭い動き、②世代交代、これはオシムに課せられた課題だと思います。反オシムでないが、オシムをコントーロールできない協会に対する、スポンサーの声とか上がってくると思うが、協会のオシム裁きも興味あるところです。

 

|

« 阿部日本に戻って来い! | トップページ | コリちゃん逝く! »

コメント

試合終了直後、yahooの掲示板を見てましたがオシム批判、羽生批判でごった返してました。
個人的には、山岸、加地、矢野は代表を背負うの厳しいかと。
やっぱり、各ポジションにドリブラーが必要でしょう。
達也、松井、家長といった感じでしょうか。
ピンチも作るけどチャンスも多く作るサントスも必要かもしれませんね。

投稿: kobatake | 2007年7月29日 (日) 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジア杯韓国戦:

« 阿部日本に戻って来い! | トップページ | コリちゃん逝く! »