« さあ、アジア杯を見よう! | トップページ | 続きーアジア杯 »

2007年7月17日 (火)

アジア杯ベトナム戦

  ノックアウト・リーグ出場をかけたベトナム戦でしたが、日本は非常にクレバーかつ省エネ的な戦い方で悠々勝利、準々決勝の進出を決めた。
スタメンは
FWー高原・巻
MFー中村俊輔・中村憲・遠藤・啓太
DFー駒野・阿部・中沢・加地
GKー川口
出場が危ぶまれた、高原・啓太もスタメン出場。
 立ち上がりは、引きこもりカウンター狙いのベトナムに手を焼く。CKから相手がスルーしたボールが啓太に当たり、オウンゴールで失点する。
 しかし、決して慌てずすぐに同点に追いつく。中村俊輔のキックフェイントに、マーカーだけでなく、中の巻のマーカーまで見事に引っかかって、巻はノーマーク。巻は一番確実性が高い胸でゴール。これが今日のポイントでした。
 ベトナムは得点をする時間帯が早すぎました。前半を1−0で折り返し、日本の焦りを誘えば、引き分けくらいのチャンスはあったと思う。
 遠藤のFKが決まり、日本が2−1とリードしたどころで前半終了。
後半の3点目へ繋がるパス回しはお見事。流れるようなパス回しから、最後は中村俊輔が、右足インサイドで楽々ゴール。また、セットプレーから巻が相手に競り勝ち、泥臭い巻らしいヘッドを決める。
 その後は、羽生・水野・佐藤を投入し試合終了。失点はアンラッキーとしか言いようがなく、ベトナムには攻めらしい攻めはさせず完勝でした。
 しかし、テレビ朝日の角沢・松木は、うるさすぎ!ベトナムに球を奪われ、カウンターをくらいそうになると、スタジアムの歓声に合わせ絶叫調の実況をする。止めてくれ!よくゲームの内容を見て実況してください。BSの人間力のほうが、数倍もましという感じです。ただ、NHKBS1と地デジの画質は、地デジのほうが圧倒的に綺麗なのです。
 さて、準々決勝の相手はオーストラリア、W杯の仇討ちして欲しい!だけど、調子が上がらなかったオーストラリア、少し調子の乗せてしまったようだ。予選は、調子があがらず、段々と調子をあげて優勝なんてよくある話。日本としては、ここまではアジアNO.1の戦いをしていると思うが・・・・・・次試合はその試金石となる。

|

« さあ、アジア杯を見よう! | トップページ | 続きーアジア杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジア杯ベトナム戦:

« さあ、アジア杯を見よう! | トップページ | 続きーアジア杯 »