« 親の気持ち子知らず! | トップページ | 長谷部の移籍情報 »

2007年6月15日 (金)

空売り屋

黒木亮の最新作「空売り屋」を読んでます。本書は、黒木作品に珍しい短編集です。「………屋」と、銘打ったタイトルの短編集です。
短編集は気楽に読めるところが好きです。奥田英朗の伊良部医師の短編集の「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」「町長選挙」パラノイア風の主人公に対して、注射フェッチの伊良部医師が処方箋を出して行く。笑えます。
横山秀夫の短編集もいいですね。「半落ち」「クライマーズハイ」も好きですが、気楽に読める警察小説も良いのでは。
「空売り屋」は、空売り屋と町おこし屋を読んだところですが、今までの黒木作品に比べると、考証の部分が甘いような気がします。短編集がゆえ、そのへんはやむを得ないかな?

|

« 親の気持ち子知らず! | トップページ | 長谷部の移籍情報 »

コメント

今度ホイチョイさんの時間捻出方法教えて下さい。

投稿: さいもん | 2007年6月15日 (金) 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空売り屋:

« 親の気持ち子知らず! | トップページ | 長谷部の移籍情報 »