« エコパ到着! | トップページ | すまん! »

2007年6月30日 (土)

速報磐田戦

 東海アウェー3連勝をかけた、今日の磐田戦、試合前にいきなり、コールリーダーの4試合出禁発表される。このニュースは、行きのバスの中で知る。コールリーダーの出禁に対して、否が応でも気分は高まる。
 闘莉王・ポンテは欠場で、この穴をいかに埋めるか、好調の前田をいかに抑えるかがポイントです。
スタートは、
GKー都築
DFー坪井・阿倍・堀ノ内
MFー山田・相馬・啓太・長谷部・伸二
FWー達也・ワシントン
細貝はサブから
主審ーニコライ
 前半は、開始からエンジン全開。伸二のFKから先制するが、それ以外にも、相馬の突っ込み、達也のシュート、川口のミスを拾った山田のループ等、後2〜3点取れるような内容。磐田のプレスはきついが、これを見事にかいくぐり、見事なバス回し。
 磐田は攻めの形が全く出来ない。達也の突破から、川口はじいたボールを、伸二が技ありのループ。その後、磐田の田中が退場。達也は、このプレーで永井と交代。
形勢は圧倒的に浦和に。おそらく浦和のバス回しで磐田はヘロヘロになってしまう。虐殺ショー展開の予感。
 後半も立ち上がりから、ワシントン・相馬・永井・長谷部が決定的シュートを連発するが、何故かゴールを割れず。
 磐田をリスクを犯して攻めに、出て来たため、中盤は互角の展開に。しかし、伸二→細貝、山田→岡野と交代も使い、逃げ切り。後1点を取れば、完全に勝負は決まったが、決定機を外しまくったことは課題が残ったが、内容的には完勝。
 しかし、この蒸し暑い時期に、試合開始からリスクを犯して攻めまくる。ましてや、守りの中心である闘莉王がいないなかで、この作戦。オジェックは、どのような勝算があって、この戦略を選択したのか?
 試合終了時は雨が本降りになる。南駐車場まで雨の中を、真っ暗な道をめちゃ混みの中歩かされる。アウェーの洗礼を受ける羽目に!しかし、試合勝ったため、心良い雨だった。
こ れで、4連勝で中断になりました。もう少し試合しても良かったね。ナビスコのG大阪戦も宜しくお願いします。しかし、気分の良い勝利でした。後はバスで爆睡します。

|

« エコパ到着! | トップページ | すまん! »

コメント

お疲れ様でした。伸二キレキレでしたね。達也の怪我が心配ですが、達也が来てから、攻守のアクセントがつき、レッズは去年より良くなっている気がします。達也サマサマです!とにかくこのまま全勝すれば、優勝ですので、オジェックには頑張ってもらいたい。

投稿: さいもん | 2007年7月 1日 (日) 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報磐田戦:

« エコパ到着! | トップページ | すまん! »