« A3城南一和戦(6/10@山東) | トップページ | A3のレギュレーション »

2007年6月11日 (月)

罰ゲーム

 A3のことを、罰ゲームと呼んでいる人が多いが、言いえて妙ですね。昨日の試合はまさにその典型でしたね。
 結局、JリーグとKリーグのチャンピオン同士の対決、お互い初戦を落とし、負けられないという意地のぶつかり合い。見ている方は、それなりに楽しんだが、収穫は達也が90分出場出来たことくらい。相馬のガス欠は明らかだし、岡野の右サイドは機能しなかったし、4バックはもう放棄したのか?ポンテ、ネネの具合も気になる。
 結局、お互い意地をかけた戦いとなるから、PK後の乱闘は起こるし、啓太・阿部は再三再四、後ろから危険なタックルを食らっていた。PKの後は、都築がモタに何か言っていてが、モタは何を言っているのか分からない。その直後、闘莉王がポルトガル語で何か、言ったのか?急にモタが暴れだした。その後、中国人の主審が必死になってモタを止める姿は笑えた、と言うか、ああいう主審は日本にはいませんね。(うちの選手で、小競り合いの中、何気に蹴りをだした選手いませんでした?)
 一応、公式戦なので調整の場にはならない。以前に一度感想を述べたが、A3はチャンピオン・チームが出る必要はないのでは。チャンピオン同士の対決はACLがあるわけだし!ナビスコの権威を高める為に、ナビスコの優勝チームが出るのが丁度いいのではないでしょうか。A3で怪我でもしたら大変だし、昨日のような展開だったら、怪我をさせられる可能性だって高い。
 山東ー上海の結果は2ー1で山東の勝ち、この結果、城南が山東に勝たないと浦和の優勝はなくなった。週末の瓦斯戦の調整と思って、戦って欲しい。決して、怪我だけはしないように!

|

« A3城南一和戦(6/10@山東) | トップページ | A3のレギュレーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 罰ゲーム:

« A3城南一和戦(6/10@山東) | トップページ | A3のレギュレーション »