« 埼スタ到着! | トップページ | 読書タイム »

2007年6月 5日 (火)

速報代表コロンビア戦

 普段は絶対に行かない代表戦、今回はとある理由があり、わざわざ会社を休み参戦する事に。(理由については、ホイチョイの真実2008にて、勢太郎風に)
 何か違和感ありますね。98年W杯の予選の韓国戦の時のような殺伐感は全くなし。しかし、年齢層は全体的に若年化、というよりおっさんが年取った!ピンチになると、湧き上がる悲鳴に、昨今の浦和とかぶるものを感じたのは私だけ?
 試合前、中村俊輔登場し、スコットランド・リーグのMVPの表彰の時に、思わずブーイングしそうになったのは、悲しきうぃあーの性か!

 大黒巻の君が代はへったぴだったぞ!私も、彼女に合わせると音程が飛び、歌いずらかったぞ。

スタートは
GKー川口
DFー中澤、阿部、駒野、中田
MFー中村俊輔、中村憲剛、稲本、啓太、遠藤
FWー高原
 実際は1−3−2−4で、稲本真ん中で、俊輔・遠藤は流動的。稲本作るスペースに中村憲が上がってくる。
 左に寄せてから、右の駒野が再三フリーになるが、今日は精度に欠ける。切り返して左足でクロス上げるのが悪いのか。
 大きなサイドチェンジからの、クロスが効果的。しかし、なかなかシュートまで持っていけない。
 コロンビアも、スピードある攻撃で決定戦をつくる。チビの13番の動きが目に付く。細かいパス回しと、FWは裏を狙っており、いやらしい動きをしていたが、阿部・中沢が冷静に対応していた。
 後半に入っても、いい形は作るが作るが、点は取れず、というかで得点の匂いがしない。唯一のチャンスも中村憲がシュートをふかしてしまう。ピンチは、やはりミスから招いている。この辺は要注意!
 今野が、左SBに入るが何気に様になっていた。今野の能力の高さを感じました。

 しかしながら、代表戦の感想、やはり、正直言って眠いし、退屈!親善試合なのだから客が楽しめるサッカー見せてくれ!ストレスたまるサッカーは浦和だけでいいです。

 代表戦ごとき、南側とはいえ、さすが前から8列では、立っての応援となりました。しかし、代表の応援はバリエーショ少なく、抑揚のない、まるで念仏がごときのチャント。これも、眠気を誘う大きな要因ですね。また、北と南の応援がバラバラ。あわせて、一体感を出そうという考えはないみたい。また、8列目は、確かに選手に近いが、視線がピッチレベルに近いため、見ずらい。やはり、選手の全体的な動きを見るなら、30列前後が見やすいことが、確認出来ました。ファミリー席の3000円は安い。代表みるなら、ファミリー席だな。

|

« 埼スタ到着! | トップページ | 読書タイム »

コメント

あの・・・スタメンのところ、ガチャピン忘れてませんか?(汗

投稿: 瓦斯戦待ち遠しい君 | 2007年6月 6日 (水) 01:14

代表もドロー。歯車が噛み合わないのも同じ!ドメスティックな私は試合すら見ませんでした。勝てるチームはつまらない試合をする傾向にあるのが、最近の傾向ですが、果たしてどんなものか?

投稿: さいもん | 2007年6月 6日 (水) 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報代表コロンビア戦:

« 埼スタ到着! | トップページ | 読書タイム »