« 浦和の試合が無い休日 | トップページ | 罰ゲーム »

2007年6月10日 (日)

A3城南一和戦(6/10@山東)

 いやいや、冷や冷やの勝利でしたね。内容は無いが、勝ち点3を取る。内容あるが、引き分けで勝ち点2を失う。どっちが、いいのかという議論ありますが、どうなんでしょうか。今日の試合なんか、しょっぱいし、いたいし、コメントもしたく無いが、勝ち点3を取る。

 今日のスタートは、

ーーーワシントンーー田中ーーーー
ー相馬ーーー長谷部ーーー岡野ー
ーーー啓太ーーー阿部ーーーーー
ーーネネー闘莉王ー堀ノ内ーーー
ーーーーー都築ーーーーーーーー

 3-5-2の布陣でした。ポンテ、・山田はサブ。長谷部がトップ下に入り、今日は長谷部の出来に注目していました。

 やはり、啓太・阿部の日本代表がメンバーに入ると、チームに落ち着きがでます。相馬は、いつもの通り前半は積極的に仕掛けていく。前半は、浦和のペース、中盤をコンパクトにして、啓太・阿部のあがりもあり、城南には全くといっていいほど形を作らせない。

 しかし、テレ東の中継はCM多すぎ、前半は丁度ダイジェストのような形なってしまったから、浦和の攻めているところしか、映像に載らなかったことを、割り引いて考えないといけない。しかし、全体的には連動性あり、ワシントンも確実にポストをこなして、球離れも良く、出来は良かったような気がします。

 CKからの、こぼれ球を長谷部がシュートしたがGKに防がれる。その後、啓太から長谷部へ、何故か長谷部しはプレッシャーなく、PA内のワシントンへ、ワシントンのマーク役のDFがなぜか、こけてワシントンは完全にフリーになり、ワシントンはボレーを豪快に決める。城南のプレスもきつくなく、長谷部のところにいいボールが集まっていました。

 後半に入ると、城南はいきなり2人メンバー交代し、勝負を賭ける。立ち上がりこそ、互角だったが、10分をすぎると完全に城南ペース。相馬はいつものように、後半に入っていきなり、ガス欠。その後、城南はもう一人選手交代し、一気に勝負に出る。

 完全に、浦和の選手は暑さからか、完全に足が止まってしましい、押し込まれ。かつセカンドボールも奪えない苦しい展開になる。

 オジェックもようやく動き、相馬→山田、岡野→細貝と選手交代するが、局面の打開には繋がらず、厳しい場面の連続。中盤も完全に間延びしてしまい、攻めはワシントン、達也まかせで攻撃は単発になってしまう。

 ワシントンの、ファールを受けたようなプレーで、一瞬、集中が欠けたところを達也が、ボールを奪い取り、GKと1対1となるが決められず。

 その後、闘莉王のファールで、ゴール正面PAエリア外での、FKあったがモタが大きくシュートを外す。このプレーが、キーポイントだったのじゃない。本当にありえないような、大きな外し方でした。

 その後、44分に相手にPKを与えてしまい、キックするのはモタ。先ほど、FKミスの余韻が残っていたのか、都築にセーブされてします。都築が、はじいたボールに足裏みせてつっかったため、モタは一発レッド。

 ネネが負傷で内館に交代。あとは、数的を優位を守りきり、試合終了でした。ネネの負傷は気になるところ、契約延長して、早速怪我で長期離脱ではシャレにならない。

 まあ、いろいろ意見はあると思いますが、今日の勝ち点3をゲットしたことにより、優勝の可能性は残る。光化学スモッグの中、しかも大変蒸し暑いなか、中途で選手の足も止まってしまい、苦しい戦いであったが、勝ったことことを、まずもって評価すべき。城南は、過去の韓国チームのように、後半苦しい時に頑張ることを予想したが、なんか浦和と同じペースで弱ってしまい、根性を見せることはなかった。ただ、やはりポンテの不在は、浦和にとって厳しいところ、ボールを落ち着かせるところが無くなってしまう。達也も、1対1になった場面くらいで、見せ場は少なかった。90分出場したことを評価すべきか。長谷部も、相手のプレスが甘かったとはいえ、無難にトップ下をこなしたと思います。

    

|

« 浦和の試合が無い休日 | トップページ | 罰ゲーム »

コメント

都築良く止めた!親善試合にしてはガチンコでしたね。タイトル意識するのもいいですが、なんだかもっと色々な選手使ってほしい。ワシントンはだいぶ良くなりましたね!

投稿: さいもん | 2007年6月11日 (月) 07:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A3城南一和戦(6/10@山東):

« 浦和の試合が無い休日 | トップページ | 罰ゲーム »