« 速報シドニー戦 | トップページ | ACL⑥vsシドニーFC(5/23@埼スタ) »

2007年5月24日 (木)

ナビスコ杯

浦和がACL一次リーグ突破を決めたと、ナビスコ杯予選の最終節も行われいた。
こちらは大混戦の末に、Aー広島、Bー横浜M、Cー瓦斯、Dー鹿島が1位になり、G大阪・甲府が2位の上位チームで勝ち上がり。
B組は、4チームが勝ち点8で並ぶ混戦。当該対戦で横浜Mが清水を上回った。しかし、昨日0−3で負けた横浜M・甲府が勝ち上がるとは、いかにも締まらない内容でありました。
  この結果、準々決勝の組み合わせは、浦和ーG大阪となった。いきなり、リーグ上位同士の対戦となった。去年の川崎戦と同じようなドローになった。
  いきなり、上位同士の対戦はいかがなものか?既にドローは決められておりしょうがないことかもしれないが、昨年の決勝が千葉ー鹿島で、盛り上がりに欠けたことを考えるれば、組み合わせについては考慮しても良いかもしれません。
  準々決勝が行われる時期、ちょうどアジア・カップが開催されており、代表組は欠席。浦和では、闘莉王・坪井・啓太・阿部、G大阪では遠藤の欠席が濃厚。この辺が、どう響くか?
ところで、浦和がACLで優勝したら、来年のナビスコ杯は予選から出場になるの?
シドニー戦の観戦記は、今晩アップします。日経の吉田記者、厳しい意見を述べています。

|

« 速報シドニー戦 | トップページ | ACL⑥vsシドニーFC(5/23@埼スタ) »

コメント

ナビスコは新人を優先的に使ってほしい!

投稿: さいもん | 2007年5月24日 (木) 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯:

« 速報シドニー戦 | トップページ | ACL⑥vsシドニーFC(5/23@埼スタ) »