« スティール・パートナーズ | トップページ | 共に戦うHere We Go To The Night! »

2007年5月19日 (土)

第12節 名古屋戦(5/19@豊スタ)

Still0001_3  今日の、名古屋戦はテレビ観戦になりました。去年、豊田スタジアムには行きましたが、試合の内容もさることながら、名古屋の街、豊田市までのアクセス考えると、なぜか気が乗らず、すいません欠席でした。

 豊スタ参戦された皆様にお聞きしたいのですが、試合終了まで観戦したとして、豊田市から名古屋まで帰ってくるのには、どの位かかりますか。豊田市駅まで、人は集中すること考えれば、2時間半はかかるような気がするのですが?

 それで、去年は試合終了までは観戦せず、中途で豊スタを後にした、チキンでございました。そのおかげで、名古屋では赤いイナゴが襲来する前に、食事でき、お土産買う時間も十分ありました。しかし、いまいち物足りず、消化不良でした。

 去年の話はその位にして、4試合引き分けが続いている浦和としては、今日は是が非でも勝利が欲しい試合。今日のスタメンは、前節のG大阪戦と全く同じ

FW-ワシントン
MF-伸二・ポンテ・相馬・山田・啓太・阿部
DF-ネネ・堀ノ内・坪井
GK-都築

でありました。長谷部・永井は今日もベンチから。立ち上がりは、名古屋のプレスがきつく、ミスも多い。相馬は、前節と同じで非常に積極的に1対1を仕掛ける。今日は、縦に抜けるだけでなく、アリークロス気味のボールも供給する。

Still0002_2  名古屋は、杉本もカウンター狙いと、ヨンセンのヘッド狙い。本田は、いいシュートを放つが、動きはいまいちで、流れの中では消えている印象。FK以外は怖さは無い。(先日の稲妻落としをされたらやばい、TBSはご丁寧にも唐突にこの画像を流す)

 お互いに、中盤のプレスがきつく、いい場面が作れないというか、双方ミスが多い。しかし、ポンテを中心に、中盤でボールをキープできるようになると、浦和のペースとなる。

Still0003_2  相馬のクロスから、ワシントンという絶好機もあったが、得点ならず。先制は、浦和はポンテのCKから、ファーのネネがドンピシャリのヘッドで先制。しかし、こういう形でセットプレーから得点できると試合展開は楽になる。

Still0006_2  闘莉王不在であったが、ラインは堀ノ内が良く統率し高いラインをたもち、坪井は杉本につきスピードで負けるような場面は無い。ネネもヨンセンの高さに充分対抗しており、去年やり慣れている3バックはさすがに、安定感がある。

 その後も、ポンテの右サイド突破からワシントンへ、楢崎に防がれるが、これも決定的チャンス。なかに、阿部がフリーで上がってきたので、スルーしても面白かったね。

Still0007_1  攻め・守りとも安定感あるなと思っていたら、右サイドを突破され、中央に飛び込んできた金につられ、ファーサイドからつめたヨンセンが楽々ゴールを決められる。しょうがないといえば、しょうがないが、右に振られる前に止める算段は無かったか?

 阿部・啓太の攻め上がりが少ないように感じました。まあ、オシム・ジャパンの合宿に呼ばれお疲れなのか?阿部を、はずして長谷部を入れるという選択もあるような気がしました。前半はこのまま終了。

Still0008_1  後半に入ると、ペースは浦和だが、なかなか決定機は作れず。お互いに、足が止まりだす。相馬が、やはり劣化が激しく、後半の中盤以降は全くといっていいほど、ボールが回らなくなる。 

 中盤はスカスカ状態に、こうなるとポンテ・伸二のように自分で局面を打開できる浦和の方が有利な展開に。名古屋は、相変わらず杉本狙いのカウンター。

Still0009_2  ポンテのスルーから、ワシントンが抜け出す、ビックチャンスがあったが、ワシントンはトラップをミスして、楢崎に防がれる。

 今日も、引き分けか?という憂色が漂いだした39分に、伸二→ポンテとわたり、ポンテは中央のワシントンへ。ワシントンは今度は落ちついて相手を交わして、決勝ゴールを決める。去年の、怪しげなステップがようやく爆発した。

Still0010_1  その後、ゴール前でFKをあたえ、本田のFKくらうが、なんとかしのぎきる。相馬→岡野で、岡野右サイド、山田ボランチ、阿部左サイドとする。ポンテ→長谷部と交代枠を使う。5試合ぶりの公式戦勝利でした。

Still0014_1  今日の3バックに戻したことにより、DFは安定ある。ワシントン、ポンテの個人技で切り裂き決勝点奪ったが、去年の戦術に戻った印象、オジェックが指向していた、組織でもって組み立るサッカーからは離れている印象がしました。結果が、求められるオジェックとしてはこれも致し方ない事か。

Still0016_1  今日の試合と、水曜のACLシドニー戦は結果が求められる試合で、致し方ない部分もあるが、やはり、当初指向していた方向を継続して欲しい。去年と同じ戦術なら、結果は求めやすいと思うが、それならオジェックに監督を変えて意味が無い。シドニー戦はやむをえないとしても、横浜戦からは、オジェックの指向していた路線に戻してもいいのでは? 

|

« スティール・パートナーズ | トップページ | 共に戦うHere We Go To The Night! »

コメント

ツアーバスですが、スタ発16:26で、名古屋駅着18:25でした。
ほぼ二時間ですね。快適でした。

投稿: せぼん@バス組 | 2007年5月21日 (月) 14:48

せぼんさんへ>
豊田市は車の街という印象強いのですが、道路のインフラが整っていない印象ですね。
でも、電車で入場制限かかるなら、バスでゆっくり座っていく方を選択します。

投稿: ホイチョイです | 2007年5月21日 (月) 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第12節 名古屋戦(5/19@豊スタ):

» この今月初勝利で王者が覚醒 [れみいまるたん]
 カシマに続いて豊田でも鬼門を乗り越えて、勢いをつけて水曜に臨むことができれば… [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 19:40

« スティール・パートナーズ | トップページ | 共に戦うHere We Go To The Night! »