« 速報大宮戦 | トップページ | さいたまダービーを終えて »

2007年5月 7日 (月)

第10節 大宮戦(5/6@埼スタ)

F1000006_1  GWの最終の試合はあいにくの雨となってしまいしました。午前中は、そんなに強いと思いませんでしたが、試合が始まるころには、本降りとなり、雨中での観戦は、一昨年のナビ大宮戦以来となりました。あの日は、雷がなり、埼スタの電気も半分おちたような気がしました。

 私は、埼スタの北ゴール裏で観戦するのは、基本的には大宮のアウェー戦のみですので、今日は気合を入れて埼スタに出陣しました。その割には、埼スタ到着は15:00ちょっと前、階段も覚悟していましたが、幸い席も確保出来ましたが、コンコースが大渋滞で、雨をよける場所がない。しょうがないので、選手が出てくるまでは、スタンドで傘をさしてた黄昏ていました。

 前節に千葉戦は、内容的にはそう悪い出来ではなかったのですが、相手の退場もあったのですが、運を見方につけることが出来ず、無念の引き分け。その後、伸二の問題も起こり、今日の1戦には注目していました。

F1000002  スタメンは、FW-ワシントン・永井、MF-阿部・ポンテ・長谷部・啓太、DF-坪井、闘莉王、堀ノ内、山田、GK-都築と前節と同じメンバーで、伸二はベンチからのスタートでした。4バックで来ると思いましたが、今日は阿部が左サイドに張り出しており、3-5-2での戦いとなりました。

 大宮は、ワントップに中盤に一人フリーマンをおいた、4-1-4-1の布陣で、4人×2列のブロックを敷いて、レッズの攻撃のブロックをふさぐ戦法に出てきました。

 曲がりなりにも、一応成果のでてきた4バックを放棄して、しかも1トップの大宮に3バックはないのではと思いました。

 立ち上がりは、浦和ペースながら出足の良い大宮にプレスを掛けられ、ボールがなかなか落ち着かない。中盤のミスでボールを奪われ、大宮にカウンターを食らう。山田・阿部のサイド攻撃も、大宮が綺麗な4人のブロックを2列作ってくるので、なかなかサイドでも、1対1の局面が作れず。

F1000001  ワシントンに対しても、大宮は必ず複数のマークを付けてくるため、ボールが渡った瞬間には、DFに囲まれてしまうため、ワシントンはボール・コントロールさえ、うまく出来ないような状態でした。これは、ワシントンを責めるより、大宮のDFを褒めたほうが良いのかも。

 今日も啓太は、DFのみならず攻めでも全開、2列目から飛び出して、ワシントンに折り返すという、この試合1番の見所となるプレーを見せてくれました。シュートは残念ながら、ワシントンが外してしまいましたが。啓太は、攻めに関しては確変中ということですかね。やはり、阿部の加入に大きな刺激を受けたのですかね。ここ数試合は、啓太の2列目からの上がりでもって、絶好機を作っています。

 しかし、先制したのは大宮。後方からのフィードに闘莉王と吉原が競る。闘莉王は、あっさりとした対応で、吉原の縦への突破を許す。マイナスの折り返しを小林慶にきっちり、決められる。ブルズ杯のザルツブルグ戦の3失点目もそうなんですが、闘莉王は時として、非常に淡白な対応することが、ありますよね。今日は、それが失点に結びつく。

 後半にはいると、ほぼ浦和のペース。ただし、疲れからか、攻めは足元へのパスが多くなり、そこからドリブル勝負で相手にボールを奪われるという悪循環が続く。しまいには、闘莉王も前線に上がってきての、パワープレー勝負となる。

 闘莉王のヘッドがポストにあったところを、ワシントンが詰めて同点。その後も、ほぼ浦和の一方的な展開となるが、大宮はDFラインをうまくコントーロルして、浦和には決定機は与えなかった。

 浦和も連戦の疲れからか、後半はめっきりフリーランニングは少なくなりました。個人勝負に頼る展開、個人任せで組織として崩す動きがなくなるという悪循環に陥る。

 今日は後半の早めに、疲れの見える長谷部に代わり伸二を投入。伸二もどうなんでしょう、休暇もあって疲れを取れたのか、動き・ボール捌きとも回復の基調にあるような感じしました。阿部→細貝、阿部は怪我でもしたのでしょうか、気になるところです。ただ、やはり攻撃の選手で行き詰まり感を打破できる選手が岡野だけ、というのも寂しさがあります。早く、怪我人の復帰が待たれるところです。

 結局、このまま1対1で試合終了。組織として崩そうとした前半、個の力に頼ってしまった後半、チームとして方向性のない戦い方をして、勝ち点2を失いました。

 このまま、選手達は9日のインドネシア遠征に向かいます。闘莉王と山田は出場停止で出れないので、良い骨休めをして下さい。また、ペルシク戦は引き分けがノルマとなります。選手の疲労もピークに達している時に、インドネシアのアウェーは厳しいものがありますが、疲労が余り無いリフレッシュしている選手を起用する手もあるのではないでしょうか? 

P.S. 雨が降ったため、デジカメは持参せず、携帯で写真とりましたが、携帯カメラはズームを上げると、全然ダメですね。

 

|

« 速報大宮戦 | トップページ | さいたまダービーを終えて »

コメント

埼玉スタジアムで大宮ホームの試合は初めてみましたが、地元過ぎてどうしたものか?という感じです。
とにかく浦和にはどこのチームも150%以上の気合いで挑んでくるので、こういう試合が続くのもしかたないんですかね!それにしてもまだ二位。オジェックの強運はたいしたものです。

投稿: さいもん | 2007年5月 7日 (月) 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第10節 大宮戦(5/6@埼スタ):

« 速報大宮戦 | トップページ | さいたまダービーを終えて »