« ココログ問題 | トップページ | 芋焼酎を買う »

2007年3月25日 (日)

代表ペルー戦(3/24@日産)

 代表ペルー戦をマタリーとTV観戦。

      巻    高原

遠藤  啓太  阿部  中村

駒野  中澤  闘莉王  加地  

        川口

というスタメン。ペルーは、海外勢がお休みで、ピサロとなか名のしれたプレヤーのプレーを見てみたかった。前半は、プルーの積極的なプレスの前に、なかなか攻め手を見出せない日本だったが、20分を過ぎると日本ペースに。

 左からの、駒野の積極的な攻め上がりが目につくが、相手DFをかわすとこまではいかず、反則を誘い、FKをとるという感じでした。中盤でパス交換すると、ペルーの逆サイドでフリーになるので、サイドチェンジのパスをもっと、有効的に使えばよかった。

 左に比べ、右の加地は余り目立たない。というか、中村が右から中に入るため、孤立してしまし、有効的な突破が出来ない。

 駒野の取ったFKから、遠藤蹴っていたが、中村が蹴ると、これが見事に巻に合って、HSで先制点。巻も、怪我で調子が上がっていない様子だが、いいボールがくれば相手DFの前に入り込み、きれいなゴールだったと思います。

 その後は日本のペースとなるが、なぜか効果的な前への攻撃的なパスが入らず、というか、安全第一で、横パスばかりという感じ。

 高原の好調さは、分かりました。海外移籍する前の、がむしゃらにゴールに突進する姿が復活していました。

 後半に、中村のセットプレーから、見事なトラップからのシュートを決めました。試合は、その後も日本ペースで、若手選手だすが、相手が故障で10人になる(メンバー合わせて15人しか連れてこない)が、追加点は奪えず、そのまま試合終了。

 強化試合なのに、このくらいのレベルのチームしか、召集できない協会には疑問感じます。また、流れの中は点をとれない、結局、中村のセットプレーが、チームでもって一番有効な攻め手というのは寂しい。アジアレベルでは、この戦い方で良いのかも、しれないが、体格の良いチームには通用しない。今年のアジアカップも、4年前と同じのセットプレー頼みのスタイルになるのか。

 阿部は、代表戦になると、浦和の時とは違い、積極的に攻めにでる。FWを追い越すプレーもあり、こういうプレーを浦和でもして欲しい。また、軽いプレーでミスも目についた。浦和のときは、啓太とボランチ組むとバランスの悪さが目に付くが、今日くらい攻めに出ることにより、それは解消される。あとは、4バックの採用でしょう。ネネ・坪井が離脱となれば、4バックを取らざるを得なくなる?

|

« ココログ問題 | トップページ | 芋焼酎を買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表ペルー戦(3/24@日産):

« ココログ問題 | トップページ | 芋焼酎を買う »