« 埼スタチケット発売は土曜日 | トップページ | 闘莉王と阿部 »

2007年2月 7日 (水)

アレックス一時帰国

 アレックスがザルツブルグより一時帰国して、サポにコメントを残してくれました。天皇杯から、欠席でそのままなのかなと思いましたが、コメントをしてくれました。

 アレックスの言ってるとおり、1年目はチームにフィットしているとは、言いがたかった。1年目で、記憶に残っているのは、CS2戦での同点のFKくらい?

 しかし、2~3年目とチームになじむにつれ、本来の実力を発揮しだす。今年の、瓦斯戦での活躍、広島戦での山田へのクロスと、キチッリと実力通りの仕事をこなしてくれた。

サンキュー、アレ!

アレックスコメント
「みなさん、こんにちは。こうやってみんなにきちんと報告できるのは嬉しいです。サポーターにも、向こうに行ったということだけじゃなく、しっかりした挨拶をしたかったので、こういう場を作ってもらえて本当にありがたいです。
12月に移籍の話があって、浦和に残るか海外に行くか迷いました。最初はオーストリアのサッカー、リーグのことがまったくわからなかったけど、ちょっとずつ情報が入ってきて、いいチームだなと思いました。総監督のトラパットーニさん、監督のマテウスさんが僕を非常に高く評価してくれて、それが大きかったです。どうしても来て欲しいと言われて、チームがどういうサッカーをしてるか知るにつれて、行きたくなりました。オーストリアリーグだけじゃなく、目標を高くしていて、チャンピオンズリーグやUEFAカップも目指しているということで、行きたくなりました。
「ここで過ごした3年間は自分にとってホントに最高の3年。3年とも優勝を争えるポジションにいたし、3年とも優勝してもおかしくなかった。満員のスタジアムの中でサッカーできたってことは誇りだと思ってるし、ありがたいって気持ちです。浦和に残ってサッカーをやるという選択もあって、どっちを選ぶかはすごい難しい選択でした。レンタル移籍ということで、浦和に戻る可能性もあるけど、この3年間サポーターが僕に感動を与えてくれて、サポーターには『ありがとう』としか言えないです。1年目は活躍できなくて、浦和に来てよかったって思ったことはそんなになかったんですけど(笑)、2年目には慣れて、浦和に来て本当によかったと思ってました。サポーターには、ありがとうと心から言いたいです」

|

« 埼スタチケット発売は土曜日 | トップページ | 闘莉王と阿部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アレックス一時帰国:

« 埼スタチケット発売は土曜日 | トップページ | 闘莉王と阿部 »