« 開幕2週間前 | トップページ | ハゲタカ »

2007年2月18日 (日)

レッドブルズ杯雑感

 テレ玉にて、まったりと観戦。

①ザルツブルグ戦  ● 1-3

 立ち上がり2分で、ワシントンのOGで失点。その、10分後に右サイドを破られ、クロスが闘莉王の足元をぬけ、堀ノ内と相手FWがもつれるようにと、いうか堀ノ内が相手FWにどつかれ、またもOG。その直後、後方からのフィード・ボールを闘莉王が相手FWと、競り合いながら、体格負けし、やすやすとゴールをきめられ、わずか15分で0-3と圧倒的に不利な体制に。

 久しぶりの実戦からか、動きは明らかにに硬い。相手のプレスになすすべも無く、ボールを奪取される始末。しかし、徐々にゲーム展開が落ち着いてくと、互角の展開に。

 しかし、ワシントンはキッチリとマークされ、ふだんの仕事が出来ない。永井の左サイド突破から、惜しい場面を作る。30分過ぎに、山田が右サイドから、中央でボールを受け、左サイドを突破し、センターリング。2列目から駆けあっがた伸二がゴール。

 これで、1-3となる、その後山田の突破で惜しい場面を作るが、そのまま終了。相手選手の体格がよく、明らかにシーズン初めの浦和は、フィジカル面で圧倒的に負けていた。特に、空中戦では国内負け無しの闘莉王も競り負けシーンが目についた。

 1、2点目は明らかに競り負けで、相手に体を預けられ体のコントロールできなかったのが失点につながる。あの場面では、逆に相手に体を預けていかねばならない。

 また、ワシントンが相手からマークされて、仕事をさせてもらえない時の、攻めに課題が残った。ワシントンを、おとりに2列目から攻め上がってくる攻撃があまりにも単発。課題が残りました。

②バイエルン・ミュヘヘン戦 ● 0-3

 ワシントンをはずし、岡野・永井の2TOP。天皇杯の2匹目のどじょうはいなかった。トップ下、ポンテという布陣だったが全くといっていいほど攻めの形が作れない。 

 サンタクルスをフリーにしてしまう形から、あっさり2失点。若手投入するが、効果なし。コメントする内容がない、全くお粗末な出来でした。

 阿部は2試合とも出たが、全くといっていいほど、消えていました。

これで大丈夫なのか、不安の残る内容でした。

|

« 開幕2週間前 | トップページ | ハゲタカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッドブルズ杯雑感:

« 開幕2週間前 | トップページ | ハゲタカ »