« 埼スタ到着 | トップページ | 平穏なクリスマス »

2006年12月23日 (土)

天皇杯準々決勝磐田戦(@埼スタ)

P1000980  今年最後の、そしてギド監督最後の埼スタでの一戦となりました。磐田には、アウエーでは、2-3での敗戦。その時の印象は、成長してきているという印象でした。闘莉王の不在をつかれ3失点、悔しい敗戦でした。

 今日に一戦はその時のお返しと、天皇杯の連覇に向け、ポイントなる試合であるような気がしました。まして、闘莉王・ワシントン・アレックスとチームの主力となる3選手が欠場。

P1000978  今日のサポの出足は、先週に続き鈍い。1時間30分前到着で、南側の12列目に陣取る。今シーズンは、前段に陣取ること出来なかったが、今日は楽々、場所を確保できました。それでも、自由席は南北ともほぼ満杯になりました。

 今日の主審のジャスティスさん、試合前のピッチの視察?客席に向かって、愛想も振りまいてました。ちょっと、きもいかな。

P1000987  今日の先発は、永井の1トップ、ポンテ・山田の2シャドウ、平川・相馬のサイド、長谷部・啓太のボランチ、DFは内館・坪井・細貝、GKは都築。ポイントは、大田の突破をいかに止めるかにあるとおもいます。

P1000985_1  前半は、磐田は執拗に浦和の両サイドを狙ってきており、平川・相馬がその対応におわれる。大田の動きは、前回のリーグ戦よりはパフォーマンスは落ちている感じ、1トラップ目が大きく、次へのプレーに時間がかかってしまうような気がしました。浦和のプレスも、結構きつく、それが要因であったかも知れません。

P1000991  かたや、浦和も永井・ポンテ・山田も動くは悪いという印象はないのだが、連携にかけるのか、なかなか決定機をつかむことは出来ず。DFは内館の怪しげなプレーはいくつかありましたが、細貝のプレーも落ち着いており、U21代表選出もだてではなかったですね。

P1000997  そんな中、均衡を破ったのは磐田。右サイドからのクロス(犬塚?)に対して、だれもチェックにいくことなくほおり込まれる。中で前田がなぜか、「どフリー」状態でなんなくHSを決められる。その後、浦和もサイドを基点に攻めるが、クロスの精度がいまいち。細貝のミドル等惜しい場面があったが、前半は無得点で終了。

 後半は、立ち上がりから平川→伸二に交代し、山田を右サイドに回す布陣。結局、ギドの選手交代が今日の勝因に繋がった。

P1000998  後半、立ち上がりそうそう、今後は左サイドからのクロスに対して、前田は中央で「どフリー」。坪井が体を寄せるが、2列目から上がってきた福西にパス、見事なジャンピング・ボレーを決める。天皇杯のわなか、いや感じが、ホーム連勝記録も途切れてしまうのか、一瞬頭をよぎる。

 しかし、その直後、永井がHS。反対側でよく分からなかったが、GKにボールをかき出され、ノーゴールの判定。その後、山田からの右クロスを永井が、相手とせりながらHS、今度はこれが、ふわりという感じで決まる。 これにより、攻勢を強める浦和。特に右サイドは、山田の活躍により、軽いプレーから相手ボールになることもあったが、右サイドはほぼ制圧する。

P1000993  同点ゴールは、相馬からの右クロスを伸二が渾身のHSを磐田ゴールに突き刺す。同点になり、磐田も西、福西を交代する。福西は前半にイエローをもらっており、後半もポンテに肘撃ちをかませ、このままいけば退場の可能性も強かっただけに、残念というか、アジウソンの采配は効果的。あと、西も交代したが、FWでの起用だったが、全然いいところなし。同じプレースタイルの大田に完全に追い越されました。

 逆転ゴールも伸二。ポンテからのフィードに対して、GKの鼻先で見事にループシュートを決める。伸二の2ゴールはGW明けの鹿島戦以来のもの。じ~んとくるものがありました。

 しかし、このリードを守れないもが、今日の浦和。直後のプレーでまたなぜか、ゴール前で前田がフリー。内館が後ろからチャージ。こぼれたボールを、右サイドを長躯駆け上がった犬塚に同点ゴールを決められる。内館のバックチャージでPKを取られてもしょうがないプレーでしたね。しかし、今日の浦和は前田の動きにほんろうされる。彼は、DFも間をたくみにきずかれないように、すり抜け、いつの間にかフリーになっていました。

P1010003_2  延長戦に突入、浦和は永井→黒部に交代するが、黒部はいいとこ無し。これでは、完全に存在感自体いらなくなる。相馬も、前回と同じく延長戦でガス欠し、酒井と交代。お互いに足が止まり、ノーガードの打ち合いの様相を呈する。浦和はサイドを支配し、チャンスはつくるが、ゴールには結びつかず。逆に、決定機は磐田は2回あり。カレンのノーマークでの空振り、大田のシュートを都築がセーブし難を免れる。

P1010005  結局、その後両チームとも無得点でPK戦に突入。04ナビ決勝・04CSともPK戦で苦杯を喫しており、呪縛は是非とも解いて欲しい、そういう思いで見ていました。5人とも成功し、決着つかず、サドンデスに。内館、坪井の時なんか、神に祈りを捧げていました。10人目に細貝が、ゴール正面に決めた後、相手の犬塚がはずし、10-9でなんとか勝利をもぎとる。

P1010015  試合開始前のまったり感とは全くかけ離れた、ゲームとしても、見ていて面白い1戦でした。これだから浦和の試合は止められない。今シーズンのホーム最終戦を勝利で飾れ、ギドとの戦いの継続でき、非常に意味のある勝利だったと思います。残りあと2試合、連覇をめざし、ALL COME TOGETHER!

P1010012 P1010010  今日のポイントは細貝の起用にあったと思います。今シーズンは、浦和の厚い選手にはばまれ、TOPでの活躍機会には、恵まれなかったが、U21の代表にも選出され自信もつけ、確実に進歩していますね。守りが、第一ですが、積極的に攻撃に参加しようとする姿勢、今日も延長からは前田にマンツーマン気味についていましたね。その辺は、ベンチの指示か、本人の判断によるところか、伺いしるこちは出来ないが、きょうの出来で天皇杯はスタメンで使われるだろうから、是非とも思いきったプレーをして欲しい。来期は、堀ノ内とレギュラーの座を争って欲しいし、内館を使うなら細貝を優先的に起用して欲しい。

 

 

|

« 埼スタ到着 | トップページ | 平穏なクリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯準々決勝磐田戦(@埼スタ):

« 埼スタ到着 | トップページ | 平穏なクリスマス »