« 豊スタ到着 | トップページ | 第31節 名古屋戦(11/18@豊田スタ) »

2006年11月18日 (土)

速報名古屋戦

また鬼門の東海アウェー戦を勝利出来ず。
前節の横浜戦同様、守り合いの様相を呈した。今週は、浦和につきが無く、名古屋がワンチャンスを生かして、勝った試合。
前半は、浦和の流れだつたが、決定機は平川の右サイドからのノーマークのシュートくらい。ボールは動いているが、ワシントンに効果的なボールが入らず、孤立してしまうケースが多い。
山田も何故か、右サイドに張っており、平川・ポンテのふたになっていた。
後半からはアレックスを上げ、1ー3ー2ー4のフォーメーションで戦っていたような気がしました。
名古屋の攻めもひどく・点の入る気配は全然ありませんでした。
しかし、名古屋は本田のクロスからヨンセンが、HSを決めて、ジ・エンド。まさに、本当にショッパイ内容の試合をしてしまいました。あれだけ完璧なクロスを上げさせてはいけません。ワシントンのパフォーマンスが落ちているのが気に掛かる。

|

« 豊スタ到着 | トップページ | 第31節 名古屋戦(11/18@豊田スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報名古屋戦:

« 豊スタ到着 | トップページ | 第31節 名古屋戦(11/18@豊田スタ) »