« 鞠戦前哨 | トップページ | 横浜戦のビジュアルについて »

2006年11月11日 (土)

第30節 横浜戦(11/11@埼スタ)

P1000604  前節の磐田戦に破れ、坪井・堀之内と今期の浦和を支えてきた2選手が、怪我のため今シーズンは絶望的となってしまった。今日は、試合内容より結果=勝ち点3が求められる試合でした。

 相手のマリノスには、埼スタ開催のリーグ戦では1度も勝っていないどころか、1点もとれていない(?)相性としては、最悪の相手でです。

P1000588  注目のスタメンですが、ワシントンの1トップ、ポンテ・山田の2シャドウー、サイドはアレックス・永井、ボランチは啓太・長谷部、注目のDFはネネ・闘莉王・内館、GKは都築。永井・内館の右サイドは、横浜はマルケス・ドゥトラに山瀬がからむ攻撃P1000591 をいかに防ぐかがポイントとなりました。

 前半戦は、守り合いというような様相を示す。お互いに、意識としては、まずは守備からということで、互いに陣形をコンパクトにしてとの闘い。当然、そうなればプレッシャーがきつくなるわけで、お互いにミスの連発でした。

 たまに、ゴール前にボールが行くが、これは中盤省略の放り込みの戦略によるもの。浦和は闘莉王が、横浜は中澤・松田がボールをはじき返してるというような、展開で見てる方からすれば、退屈な試合でした。ワシントン、マルケスとも、まともなボールが来ない。だから、ボールを貰いに行く、さらに状況を悪くする。こんな展開でした。

P1000593  こういう、コンパクトな陣形でボールを回せて、ポゼッションをしてゴールに向かうことが出来れば、レベルとしては質の高いサッカーが見れるわけですよね。

 しかし、30分過ぎに、そんな一瞬の隙をつき浦和にゴールがうまれる。中盤で、啓太から永井にボールがわたる。永井は右足アイトサイドで、相手DFの裏のポンテにパスを出す。ポンテは、中からつぶしに来る中澤より、すんでのところでマイナス気味にセンターリング。中央から、駆け上がってきた山田が抑えの効いた見事なシュートでゴール!

P1000598_1  中央を長躯駆け上がり、ふかせてしまいがちだが、良くボールを抑えることが出来たと思います。山田の好調さを示す、非常にいいプレーでした。

 前半、終了間際のマルケスのイエローからの、中央右サイドからのFKで、ノーマークのワシントンのヘッドにボールは合うが、ポストを越える。そのまま、前半終了。

 後半に入ると、横浜のプレッシャーが前半ほどではなくなる。ポンテ・山田がフリーでボールをプレーする機会がふえる。ポンテ・山田を経由して、サイドのアレックス・永井にボールが渡るようになりだし、浦和ペースで試合は展開されることとなる。

P1000624_1  しかし、フィニッシュのところでタイミングあわなかったり、ボールのコントロールミスで、ちょっとしたところでの狂いで、あと、バック側線審の迷審判振りにより、追加点は挙げられず。(彼は、オフサイドの判定を理解しているのか?)15分過ぎの左サイドからの右足インフロントにかけたシュートははいったと思いました。

 横浜も、田中隼、久保、坂田と攻撃的な選手を投入し、追撃に出る。浦和も足が止まり出し、DFラインを高くたもてず、ボランチ陣もDFラインに吸収される、苦しい展開となる。

P1000620_1  横浜も、中盤省略のロングボールの放り込み作戦にでる。危ない場面は、競り合いからのこぼれ玉を坂田と河合がかぶり、シュートをふかしてしまった、ところくらいか。

 浦和も、ポンテ→伸二、アレックス→相馬と交代し、逃げ切り体勢へ。横浜のロングボール攻撃に対しても、闘莉王がはじき返すというパターンで、こぼれ玉さえ、気をつけていれば、高さでは負けていなかったので、比較的安心して見ていられました。

P1000623_1  その後も、グダグダの展開でしたが、3分のロスタイムもしのぎきり、このまま1-0で試合終了となる。その後の、他会場の試合結果で、G大阪・川崎とも敗れとことが分かる。埼スタでは、勝利をあげた時並みの歓声が沸き起こりました。しかし、朝井さんの声のトーンで浦和に有利か、不利かはすぐ分かりますね。しかし、G大阪の敗戦はともかく、川崎まで敗戦するとは・・・・・これで一気にゴールが近づいた感じがします。しかし、今日の川崎の例もあり、油断は出来ません。要は、よそ行きの試合をせず、自分の戦い方で浦和らしい闘いをすれば良いわけです。今日の1勝は大きかった!

|

« 鞠戦前哨 | トップページ | 横浜戦のビジュアルについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第30節 横浜戦(11/11@埼スタ):

« 鞠戦前哨 | トップページ | 横浜戦のビジュアルについて »