« 速報・磐田戦 | トップページ | とらたぬ⑤ »

2006年10月29日 (日)

第29節 磐田戦(10/28@ヤマハ)

File0000_7 負けるべくして、負けた試合。闘莉王がいない、DF陣をいかに落ち着かせ、安定した試合運びをするが、今日の試合の一番のテーマであった。しかし、それが試合開始直後にいきなり崩壊。これでは、勝てない。
 闘莉王の欠場の穴をいかに埋めるかで、注目されたスタメンであったが、3バックは、ネネ・堀之内・坪井、File0001_5 ワシントンの1トップに伸二・山田の2シャドウ、長谷部はボランチで復帰する。坪井については、完全に負傷が癒えたのか、試合勘はどうなんだ?闘莉王が欠場だが、何も慌ててスタメン起用する必要はないのではないか、と思っていました。
 その不安は、試合開始より現実のものとなってしまう。 開始1分、伸二・アレックスのショートコーナーからゴール正面のワシントンが、File0004_4 フリーでシュートするが、GKの正面をつくアンラッキーな立ち上がり。直後の相手の攻撃、太田の折り返しを福西シュート、山岸がセーブしCKへ。このCKを、犬塚に決められる。闘莉王が不在の試合。なおかつ、最初のセットプレーでマークの確認はきっちり行うべき場面。それを、いとも簡単に決められてしまう。
 6分、スローインから伸二→坪井とわたるところを相手にプレスを掛けられ、相手ボールへ。フリーで抜け出した太田がシュート、山岸が一旦はセーブするが、カレンに詰められ2点目の失点。しっかりした、DFをベースに試合を進めることを、確認しなけばいけないのに、試合開始直後の2失点。これが、今日の全て。
File0002_5  太田が激しく、動き回り、浦和のDF陣もなかなか、捕まえきれない。太田の動きから、前田・カレン・福西がからんでくる攻撃。しかし、啓太は太田にマンマーク気味に着くことのより、磐田に自由にボールを回させない展開へ。
 浦和も、山田の運動量豊富な動きをベースに、アレックス・平川からのサイド攻撃を行うことにより、ペースは徐々に浦和に。山田のミドル・ワシントンのシュート等惜しい場面あるが、得点ならず。
 磐田の守備陣もワシントン対策は、万全でPA内では、絶対に正面を向かせない。鈴木・田中を中心に2人でワシントンを押さえる。
File0003_5   浦和は30分過ぎ、山田のカウンターから伸二→ワシントンと渡りこぼれたところを、長谷部がシュートするがシュートは外れる。その後、アレックスのクロスから山田がきれいなHSでゴールかと思われたが、オフサイドの判定。おい!あれはオフサイドか? 決定的はチャンスを数度つかむが、無得点のまま、前半終了。結局、前半無得点に終ってしまったことが、今日の試合を落とすこととなった二つめの要因。

File0005_4  後半に入ると、ギドは勝負に出る。試合勘の戻らない坪井にかえ、相馬も投入。今シーズンはじめての、4バックを試すこととなる。これで、アッレクスが攻撃専念する。1-3-2-4のフォーメーションでの戦いとなる。開始直後から、ワシントンにボールが入るが、磐田は鈴木・田中で懸命にDFする。しかし、ゴール前の混戦から、伸二→長谷部とつなぎ、長谷部はフリーのワシントンへ冷静にパスに、ワシントンがゴールを決める。
 攻勢を進めるが、何故か右サイドに福西をフリーにしてしまい、3点目を喫する。オフサイドのようにも、見えたが、逆サイドにネネが残っていたような気がしました。磐田は、カレンに代え金の投入し、専守防衛の体制。浦和は伸二・アレックス→達也・永井の2枚代えをし、3トップ気味のフォーメーションとする。
File0006  山田のCKから、鬼神のごとくワシントンのHSが決まり、2-3の1点差となる。残り時間、磐田が専守防衛になっているから、まだまだ追いつくチャンスはあったものの、その後は達也・永井も仕事できるスーペスなく、見せ場なし。逆に、カウンターから、前田・太田に怖い場面を作られる。後半15分頃、長谷部がファブリシオからボールを奪った拍子に足を踏んだ様子、長谷部は報復で顔面に肘撃ちをくらう。高山主審はなぜか、正面で見ていたのに関わらず、何故かイエロー。その後、副審まで確認に行く。ファブリシオもレッドを覚悟して、リストバンドを腕からはずしていたよね。納得のいかない判定その2。
File0007  磐田も人間力から監督が代わり、あまり興味が無くなったが、若手の前田・カレン・太田・菊池(このへんまでなら知っている)、犬塚・上田など成長しており、来期以降は清水同様強敵」になりそうな予感。カレン・太田などは最後まであきらめることなく、ボールを追い、ガッツ溢れるプレーも見せて、中山隊長のDNAをしっかり、受け継いでいる感じがしました。先週、今週と2休みです。のこり5試合、目の前の1戦ごとが勝負となります。

|

« 速報・磐田戦 | トップページ | とらたぬ⑤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第29節 磐田戦(10/28@ヤマハ):

« 速報・磐田戦 | トップページ | とらたぬ⑤ »