« 川崎戦・感動のビジュアルを! | トップページ | とらタヌ③ »

2006年10月22日 (日)

第28節 川崎戦(10/21@埼スタ)

File0001_4  久しぶりに痺れたが、内容のある試合を見させてもらいました。引き分けという結果は、セカンド・ベストという感じですかね。 川崎には、今日の一戦で完全に引導を渡したが(残り6試合で直接対決もなく勝ち点差7を跳ね返すのは難しい)、G大阪が日曜日に勝つとその差は3、直接対決が最終節にあることを、考えれば差はないと考えたほうがいい。 しかし、最低限の仕事をこなした、半歩前進と言うところですかね。
File0000_6  長谷部の欠場のより、スタメンに興味が集まったが、ギドが取った選択は、ワシントン・達也の2トップ、トップ下ポンテ、ボランチは山田・啓太での布陣となる。最近絶好調の山田を一列下げ、達也を起用した戦略がどうでるかが、今日のポイントでした。
 立ち上がりからは、お互いにプレスを掛け合いFile0002_4一進一退の攻防でした。ポンテのFKから、ワシントンへボールがわたり、北側ゴール裏からは、盛んにブーイングがでており、南からは何が起こっているのか、良くわかりませんでした。後でで確認すると、伊藤の完全なハンドですね。しかも、あれは偶然では無く、意図してボールを払い出していましたね。その時の、人間力のコメントも「さすが~」と思わせるコメント発していましたね。
 その後、ポンテ→達也→闘莉王のダイレクトプレーで決定的なチャンスをつくるが、闘莉王のシュートはサイドネットへ。その後、闘莉王からのフィードをワシントンがトラップ。相手に上手く体をあてて、かわすと、右足のインサイドでゴール!この辺の体の使い方、ゴール前での落ち着きはさすがのものがありますね。
File0003_4  また、直後には山田がドリブルで進出し、ミドルシュートを放つ。C.ロナルド並みの弾道の無回転で物凄いドロップしたシュートはわずかのゴールをそれる。山田の芯を食ったミドルは凄いものがありますが、まだ完全に自分のものには出来ていませんね。後半、同じようなシュチュエーションで放ったミドルはヘナチョコで力なくゴールをはずれました。確率的にあのシュートが出るのは1/3~1/4の割合ですかね。
 以降、30分過ぎまでは、浦和のペースが続く。ナビでは、完全に蹂躙されたマルコンの右サイドであったが、今日は無難に平川が対応していた。ただ、あの頃はマルクスがまだいて、マルクス絡みのボールがマルコンへ上手く回っていたからかもしれない。代わりのマギヌン(馬絹ってかくの?)は、そこまでフィイトしていない。
 ただ、川崎はアレックス・ネネの左サイドを執拗に狙ってくる。PKの場面も、ネネが簡単にマギヌンにかわされた。この場面ですが、山岸も前に出る判断が一瞬おくれましたね。山岸に対してやや厳しいが躊躇せず、出ていればPKにはならなかったような気がします。この辺が、山岸の弱点か。
 後半に、入ると森がアレックスをあっさりとかわし、2列目から進入してきた中村に逆転のHSを許す。前半に、イエローを一枚もらい厳しくいけないのは分かるが、あんなに鮮やかに交わされるのは、どうかと思う。あおの場面で2列目から、上がられたら防ぎようがない。
 しかし、その直後に山田のドリブルから、左から中央に切れ込み、シュートを狙うがコースが無いと見て、ポンテへ実に狭いスペースにスルーパスを出し、ポンテがポンと蹴って同点(早野さん、今日のはまあまあなんで使わせてもらいました。)
 山田は、やはり好調を維持している。今日も、消えている時間帯が若干あったものの、豊富な運動量でもって、攻撃へ守備へと大車輪の活躍。今日は、一列さがってのポジションだったので、山岸のターゲットとなりえず、GKの確保率が悪かったような気がした。
 達也は、攻撃の面では、不調というか、ワシントンとのコンビがいまいち。エメタツのコンビは、常にパートナーを意識して攻撃していたが、ワシントンにゴール前でボールが収まると、ワシントンがゴールしていまうから、相性という点は合わないのかも。ただ、守備面での貢献にはいつもながら頭が下がる。この後、お互いの攻め合い、若干浦和が優勢ながら、手に汗にぎる攻防が続く。ギドもアレックス→相馬、達也→伸二、平川→永井と攻撃的な選手交代を行い、勝利に対する執着心を見せる。ワシントンポンテ、伸二とダイレクトでつなぐプレーは魅力あり、得点の匂いがプンプンする。
 後半の35分過ぎ、ポンテ→ワシントンがヘッドでおりかえし、伸二がフリーでゴール!完全に相手を崩したゴールと思ったが、ワシントンがわずかにオフサイド・ポジションでノーゴールの判定。またロスタイム直前には、PA内でポンテが倒されるが、PKの判定なし。結局このまま、終了のホイスッルを聞く。
File0005_3  今日の主審は片山であったが、伊藤のハンドPK見逃し、ポンテへのプレーもPK見逃し、また浦和には4枚のイエローだが、川崎のラフプレーには1枚のイエローも出ず。浦和からすれば、主審のレフリングに非常に、残念な思いがいっぱいである。
 永井を、もう少しうまく使えなかったか。どうしても、今日は左からの攻撃に偏りすぎ、それは相手のマルコンをケアしる必要があったわけで、今の浦和のフォーメンションでボランチまで攻撃参加すれば、サイドは1対1になれるわけ、永井の投入もそれを意図していたわけだが・・・・・・
File0004_3  川崎は、マルクスがいた頃、ナビであったころのほうが、攻撃力はあったような気がしました。マギヌンは、チームにフィットしているとは言いがたいし、ジュニーニョはボールが回ってこず、明らかに最後のほうは切れていたし。
 次節の磐田戦、闘莉王は累積警告で出場停止。代わりは内館が起用されるのでしょうか。このゲームが、大きなポイントになってきますね。苦手の東海アウエー2戦をいかにのりきるか、今後を占う意味では、非常に大きな一戦です。

|

« 川崎戦・感動のビジュアルを! | トップページ | とらタヌ③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第28節 川崎戦(10/21@埼スタ):

« 川崎戦・感動のビジュアルを! | トップページ | とらタヌ③ »