« 代表 アジア杯 イエメン戦 | トップページ | ヤマハ、ぴあプレリザーブ轟沈! »

2006年9月 7日 (木)

イエメン戦 後半

 後半に入っても、状況は好転せず。

坪井が右サイドの加地を追い越していくのが、やけに目立った。しかし、加地は坪井のことを信用していないのか、全く無視。坪井も、一旦、加地に無視されるが、右サイドから中央に侵入して、PA内で枠内シュートを放つが、シュートに勢い無し。それより前に、オフサイドでした。

坪井が、浦和では左サイドだが、今日のように右サイドだと、積極的に上がっていきました。浦和でも、この姿勢を忘れずに!

 得点シーンのきっかけは、坪井から巻へのロングフィードが基点となる。なにげに坪井は今日の隠れたヒーロー。

 啓太は多少のパスミスあったが、今日の選手の中では、NO1の運動量だったでしょう。それと、TOPの選手を追い越していく姿が、やけに目につきました。坪井もそうだが、浦和にいるときより積極的でした。

 あと、大熊コーチ。うるせ~よ!あれでは、スタジアムによくいる、シジラーじゃないか。サイドに球まわして、角度をつけクロス上げるのは、鉄則だが、いかんせん精度が低い。「遠藤、サイドにまわせ!」じゃなくて、「アレッす、加地もっと、いいボールをだせ!」っていう感じじゃないですか。

 闘莉王をトップにあげるのは、うちと全く同じ戦略だが、ワシントンがいると、いないでは大きな違い。ワシントンいなくなったら、うちもこんな感じなのかな?

 でも、しぶといところはジーコジャパンから受け継いだのかな?しかし、千葉勢、オシムの戦略を良く理解してるのは、分かるが、いかんせん今日にような、技術の無いプレーみせられると・・・・・・・・・・・・・・

 やはり、海外組との融合は必要ですね。オシムは、来年の7月までは召集しない方針のようだが。このままでは、ちょっとまじ~いですよね。

|

« 代表 アジア杯 イエメン戦 | トップページ | ヤマハ、ぴあプレリザーブ轟沈! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエメン戦 後半:

« 代表 アジア杯 イエメン戦 | トップページ | ヤマハ、ぴあプレリザーブ轟沈! »