« 追加召集 | トップページ | 残業三昧 »

2006年8月 9日 (水)

ど~よ、オシムジャパン

 オシムジャパンいや、浦和ジャパンの初戦、うちからは、山岸以外全員先発出場。

坪井、闘莉王の2バック、啓太・長谷部のボランチ、アレックスはOMFでの出場。アジリティーでしたっけ、日本の良いところは。それが、今日は随所で見られました。

 ワンタッチ、ツータッチでのボール回し、連動した人の動き、中盤をコンパクトにした陣形、前任の「昔の名前で出ています」サッカーに比べれば、人の動くし、ボールも動くし、非常にみていてわくわく感のあるサッカーだったと思います。

 1点目は、ゴール正面からのFK,アレックスの実力からすれば、決めて然るべきFKでした。おっさんが、驚いたのは2点目、長い距離のフリーランニングで、トップに飛び出るアレックスに対して、駒野からのロングフィード、アレックスはGKのポジションを確認し、ループシュートでゴールに流し込む。(大将も絶賛)

 こんなプレーは、アレックスが浦和にきてから、見たことのないプレー。閉塞感漂う雰囲気の中での、浦和の流れを断ち切るプレーをJでも是非見せてください。前任からは、なれない左SBをまかされ、思い切ったプレーが日本代表では見られれなかった。DFの負担がないと、アレックスは輝くね。得点シーンのフリーランニングや、左サイドだけではなく、中に進出し、良かったんじゃない。

 山瀬のプレーも良かった。なんで、浦和を出たんだろうね。攻めに、守りに非常に効いていました。

 後半に入っても、日本代表の攻勢は続く。ワンタッチプレーの連続から、長谷部から山瀬へのスルーパス、田中隼の右サイド突破から達也のシュート、日本の良いところが続く。交代出場した中村、佐藤、小林もそれなりに見せ場は作った。

 我那覇は、今日は完全に消えていましたね。我那覇のプレースタイルは、ずっと消えていても、突然点をとるというところ。今日は運がなかったということで。

 終了際になると、さすがに足が止まったが、危なげない勝ち方でした。

前任の初戦は、黄金の中盤を揃え、凄い期待感あったが、終ってみれば1-1の引き分け、それ以降、海外組と国内組の融合が進まないというジレンマに陥る。それに、比べれば、ネームバリューはおちるが、フェレッシュなメンバーで今後の日本代表を占うようなスタート、期待できますね。

 坪井は大丈夫ですかね。また、足が攣ったのですかね。このところ、調子が良かった分ばけ、ちょっと、心配ですね。

 今日の試合見る限り、浦和の4バックでやるべきではないでしょうか。

     ワシントン、達也

アレックス、長谷部、啓太、伸二

 相馬、坪井、闘莉王、山田

       山岸

こんな感じですかね。ワシントンは復帰でしよね、ポンテはどうなんですか。FC東京戦が楽しみだ。

|

« 追加召集 | トップページ | 残業三昧 »

コメント

こんばんは!今夜の試合はレッズ×トリニダード・・・の試合だったような(笑)
白星スタートでしたね・・・(微笑)

投稿: 豹隊長 | 2006年8月 9日 (水) 22:59

何げに山瀬良かったですよね。攻守にわたり動き回り、FWを追い越していく動き。逃がした魚は大きかった!ていう感じ。

投稿: ホイチョイ | 2006年8月11日 (金) 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ど~よ、オシムジャパン:

« 追加召集 | トップページ | 残業三昧 »