« 甲府に行って来た | トップページ | タイミングを逸する »

2006年8月 1日 (火)

鹿島への道のり

 まずは、鹿の国に入国ですが、ここは治外法権の国であり、入国に際しては十分の検討が必要です。
 まずは、電車での入国でありますが、試合開始が19:00であることを考えますと、彩の国への帰国は、翌日になる可能性があります。お勧めはできません。
 バスツアーという手もあります。しかし、鹿の国を脱出するには、相当の時間要するため、東京・上野着のバスだと、その日のうちに彩の国に帰れない覚悟が必要です。

 となると、最後に残された方法は自家用車で入国するという方法です。彩の国からの入国方法ですが、常識的に考えれば、外環浦和→中央環状→東関道というルートだと思います。しかし、高速をあえて使わず、鹿の国への入国を検討します。

 吉野町JCから16号を使い南平野交差点を目指すわけですが、土曜日の午前中だと16号バイパスは混んでおり、へたをすると南平野交差点へ行きつくまでに1時間かかってしまうこともありえます。16号を深作南の交差点を左折(パチンコ屋とダンロップが目印)。東北道を越えてまっすぐ行くと、しばらくすると最初の標識が出てくるので、それを春日部方面へ右折。そして、次の大きめな交差点が御成街道との交差点ですので(標識なし)、これを左折して元荒川を渡ると、即に元荒川の沿道を右折、これをまっすぐ行けば南平野交差点にぶつかります。ただし、これも道路が狭いですよ。野田線の踏切を渡るとこは要注意!

Img_0211  まずは16号バイパスを、春日部方面に走ります。岩槻を過ぎ、元荒川を渡った、南平野の交差点を、右折し武里駅方面に進みます。

 交差点を右折したことろの、ラーメン丸源の赤とんこつ(¥609)結構、うまかったですよ。

Img_0212 東武線を超え、国道4号を超え、あとは江戸川沿いまで真っ直ぐ行き、道なりに右折し、野田橋を目指す。

 武里駅横の踏み切り。開かずの踏み切り(?)通過する時間帯さえ、間違えなければ、そんなことはないでしょう。

Img_0217  野田橋をわたると、キッコーマンの工場をぬけ、東武線の野田市駅脇を通り抜け、16号を突っ切り、関宿街道まで真っ直ぐ。関宿街道を右折すると、あとは利根川に平行してはしるイメージ。(関宿街道のコンビニで一回休み)
 エネオスの信号を右折して、関宿街道にはいります。

Img_0220  利根運河を越えたら、清掃工場のところを左折し、後は農道に入る。農道に入るまでの道がまたやたら狭く、車の行き違いがやっと。雨の日の夜中だと慣れない私は絶対に道を譲ります。

Img_0223 つくばエクスプレスを過ぎ、ひたすらまっすぐ、国道6号まで。(TXが走っているの分かります?)この農道が怖い。ジモティーが時速100Kmくらいでとばしてきます。夜は、怖いです。特に雨の降ってる日は最悪!(でも最近は日中なら遅い車をドリフト出来るようになる。)

Img_0226 国道6号についたら、側道に入り、6号をくぐり、水郷ライン(R356)へ。あとは、この道をひたすら真っ直ぐ。信号は交差する橋がかかっているとこだけで、高速道路並みのスピードが出せます。ネズミ捕りがあったら一発ですね。

Img_0231 栄町のサンクスを左折。ふじみ橋の交差点ですね。(ここが第二の休憩ポイント)トイレは外に設置された簡易型のトイレで女性には少し抵抗あるかも。最近は、手前と先にきれいなコンビニができたのでそちらが良いかも。

 Img_0236                       ここからは、どの橋を渡って鹿の国に入国するかになります。橋は、長豊大橋、常総大橋、神崎大橋、R51号経由と、方法は何通りかあります。おっさんはいつも、一番東の小見川大橋を渡るルートでいきます。とりあえず、44号線を左折し、小見川大橋経由で124号に合流します。

Img_0240 県道124号を鹿スタめざし、一直線です。鹿島神宮の茂みが見えてきたら、下津の交差点を右折し、すぐに左折し中央図書館を目指します。ここがポイントです。鹿スタの近くの駐車場に止めると、帰りが大変です。中央図書館脇の無料駐車場に車は止めましょう。そうすれば、帰りはR51号の渋滞とは無関係です。
Img_0241この駐車場から鹿スタまでは、歩いて約20分です。
 帰りの注意事項は、県道124号では、2車線のうち右車線は走らない。水郷インターへ行く堀割川の交差点(?)をすぎてから、右車線にはいる。小見川大橋へ行くには124号を44号方面に右折します。これを勘違いすると。銚子までいってしまい、あやめ大橋から水郷ラインに入るという、失態をおかします。
 休憩を取らなければ、3時間で彩の国まで帰れるでしょう。帰りはまず、渋滞ということは考えられません。

 06年8月19日のケース → 選手を見送り、しばらくコールをし、トイレにより(慌ててスタジアムをでたわけでない。)駐車場についたのは、21時45分。当日は、体調も良く、スタート前に、水分補給をしており、休憩なしで走りきり、自宅到着24時15分、2時間30分で自己記録更新です。

P.S. こんな立ち寄り湯ができたみたい。次回からは要チェック!

 09年3月7日のケース → 選手を見送り、イソの騒ぎを見て、2B席をおそらく最後の方で出る。スタジアムの周りはすでにピークを過ぎ比較的楽に移動できる。移動は国道を反対側に渡らず、スジアム側を歩くと良い。こちらの方が空いている。車についたのが、ちょうど7時、今日は40号がめちゃくちゃ混んでいた。普段なら、2車線の左側を進めば何のことはないが、マナーの悪い車が左車線から行き、堀割川の交差点の直前で右車線に変更しようとする輩が多く、この渋滞を抜けるのに1時間要してしまった。途中岩槻の丸源でラーメンを食べ家についたのが、11時でした。ですから、混雑、休憩なければ2時間半で帰れる計算ですね。

|

« 甲府に行って来た | トップページ | タイミングを逸する »

コメント

浦議SNSの友達から教えてもらってここに辿り着きました。

松戸市在住なのですが、R356→小見川大橋ルートで
中央図書館の駐車場も利用させてもらいました。
とてもスムースに行けてよかったです。

貴重な情報ありがとうございました。

投稿: すえ | 2006年8月21日 (月) 11:21

お役に立てて、何よりです。
私もこのルートは5回目ですが、今回は水郷ライン・小見川大橋の工事もなし、帰りに雨に降られることなく、初めてストレス無く、行き帰りともドライブできました。
次回は、帰りに立ち寄り湯に是非とも寄りたいですね。

投稿: ホイチョイです | 2006年8月21日 (月) 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島への道のり:

« 甲府に行って来た | トップページ | タイミングを逸する »