« デジカメを買換えたい! | トップページ | 中東遠征代表メンバー »

2006年8月30日 (水)

第21節 大分戦(8/30@九石ドーム)

 後半より、TV観戦。前半は、連戦の疲れと、九石ドーム締め切ったため、湿度90%の中でも試合。動きがまったく悪かったようですね。ゴール前の混戦かr、高松に押し込まれる。

1点負けの状態で、アレックスに代わり、相馬の投入。後半の頭からは、怒涛の攻め。

 何故か、いつものようにワシントンにボールが収まらない。というか、ワシントンにいつもの、落ち着きがみられない。どうも、気持ちが先にいって、ボールコントロールができない。

 開始3分のビックチャンスも、相手のスライディングにより塞がれる。あと、達也とのコンビネーションが全くもってない。この辺は、ギドは練習でもって、どうような指示をだしているのか、大いに疑問に思うところ。ワシントンと達也が、絡むところは今日の試合では、まったくなかった様な気がした。

 2失点目、相手陣で啓太が倒れているという不運もあったが、ありゃないでしょう。フリーでもって、ゴール前まで侵入され、その後、見事なまでに、ミエミエのワンツーでやられてしまう。

 浦和のチャンスは、長谷部が右から崩し、伸二が放ったミドルくらいかな。長谷部からのフィードをワシントンが決めて1点かえす。

 この辺から、中盤がスカスカになり、ノーガードの打ち合い状態。平川が、調子悪く1対1に勝てずにいるのに、永井を準備しているが、なかなか交代せず、やっと交代したと思ったら、啓太との交代。永井は、伸二に代わりトップ下に、余り効果的な交代とはいえず。

終盤に、平川に代わり岡野を投入。岡野はそれなりの、攻めはするが、いかんせん時間が短かった。

 相手に退場者が出たところで、闘莉王もあげ、パワープレーに転じるが、大分はその辺は充分、研究済みで闘莉王・ワシントンともフリーな状態でボールは受けることなし。退場者が出て、大分がゴール前を固めた時点で、得点の匂いは消えてしまった。

 相馬も、気合充分なのは評価するが、いまいちプレーに正確性を欠いていた。

大分はシャムスカになって、急にチーム力を上げている。4位内が目標であるが、今日の戦いぶりをみていると、それの充分可能です。シャムスカは、是非ウチのチームの指揮を執ってみてもらいたい。そんな、声が出てきそうな、今日に1戦だった。

 次の試合は9月10日の大宮戦まで間があく。代表組は、中東遠征で連戦が続きますが、プチ中断中には、ワシントン頼みだけでなく、ワシントンを生かした攻撃をチームとして、できるように練習を積んでもらいたい。

|

« デジカメを買換えたい! | トップページ | 中東遠征代表メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第21節 大分戦(8/30@九石ドーム):

» 次節、大宮戦に期待すること [相馬マルクス達也のブログ]
30日の大分戦は、1対2で敗戦。内容は、完敗と言っていいでしょう。 それでも、敢 [続きを読む]

受信: 2006年9月 3日 (日) 17:30

« デジカメを買換えたい! | トップページ | 中東遠征代表メンバー »