« ただいま戻りました(3) | トップページ | 夏風邪をひく »

2006年7月 1日 (土)

ドイツvsアルゼンチン

 いよいよ、W杯の真剣勝負の後半戦に突入しました。息詰まるような一戦でした。

前半戦は、お互いの様子見のような試合でしたが、後半6分にアルゼンチンがアジャラのシュートで先制すると、試合の展開は変わってくる。お互いの、選手交代を行い、ドイツの後半35分過ぎに、クロスからクローゼのヘッドで同点に追いつく。その後、ドイツは3枚目の交代カードをきり、クローゼに代えノイビル投入。

しかし、有効な攻撃見られぬまま、バラックが故障。以降、ドイツは1人少ない戦いをせめまられる。かたや、アルゼンチンもリケルメ→カンビアッソ、クレスポ→クルスと守備に重点をおいた交代で、ボールのポゼッションでは勝つが、有効的な攻めはテベスを起点とした、カウンターくらい。結局、お互い守りあいして延長線まで終了。

しかし、ドイツはしぶとかったですね。ベッケンバウワーが肩を脱臼して戦った、70年のイタリアとにの準決勝を思い出した。あの時は、延長までねばり、追いついたが、再延長でリベラにきめられると、さすが追いつくことできず、3-4で敗退しました。しかし、その時のゲルマン魂は、おっさんの心に深く刻まれることとなる。

 当時と違ったのは、再延長戦がなくPK戦にもつれ込んだこと。しかも、ホームでのPK戦であり、絶対的に有利な立場。ドイツは4人目まで落ち着いて決める。かたや、アルゼンチン、というより、レーマンが素晴らしかった。4本中2本とめるが、4本ともシュートコースに飛んでおり、レーマンの活躍により、ドイツは準決勝進出。しかし、バラックが故障してしまい、今後の試合でれるかは疑問。

もともと、調子はあがっておらず、最初からいないものとして、今後戦ったhぽうがよいか。

準決勝の対戦相手はイタリア、これも痺れるような試合展開になるのは必至ですね。

しかし、PK戦のあとの、もみ合いは何なんだったのでしょう?後味の悪い幕切れとなってしまいまいたね。

|

« ただいま戻りました(3) | トップページ | 夏風邪をひく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツvsアルゼンチン:

« ただいま戻りました(3) | トップページ | 夏風邪をひく »