« 速報・甲府戦 | トップページ | 甲府に行って来た »

2006年7月30日 (日)

第16節 甲府戦(7/29@小瀬)

W杯再開明け後、最低の試合をしてしまいました。今日は、勝ち点2を落としたのではなく、どうにか勝ち点1をゲットしたという、内容でした。

Img_0083

 新潟、大分、今日の甲府と、個々の選手能力では明らかにに浦和が上。その相手に対して、どうしてこのような無様な試合をしてしまうのか?個々の能力で劣るなら、夏の暑い日の試合は特に運動量で相手を凌駕するしかないのは、自明の理。相手はそのつもりで、前半から飛ばしてくるので、それとぶつかりあうのか、それをかわしていくのか、の選択となってくると思う。

 浦和は明らかに、後者、交わしていこうとしていた。この戦略は、浦和というチームの伝統をもって考えると、取ってはいけない戦略のような気がする。ガチンコの相手を上回るペースでもって最初から飛ばしていってほしかった。浦和は、おしりに火がつかないと本気にならないのだから。

Img_0086

 試合開始前から、地元女子高のマスゲームにお付き合いさせられ、試合前から一気にフラストレーションが高まる。前半から、達也に対してボールがおさまらず、平川の単発的な右サイドからの攻撃くらいしか、見るべきものはなし。

 甲府は、基本的にはバレーに対してロングボールをフィードし、そのこぼれ球を皆の運動量でフォローする展開。浦和は、精度の高くない、甲府のロングボールのこぼれ球を拾えず、苦戦の様相。バレーには、左サイドから中へ切替され、ポスト直撃の決定的なシュートを放たれる。

Img_0094

 伸二は気持ちはわかるが、動きは足元でもらおうとする動きにすぎない。さすがに、これまでのように、イージーなミスはなくなったが、スペースに走りこむダイナミックな動きはなし。山田は、前節休みなのに、動きに全然切れがない。(ただし、山田は試合開始前のシュート練習で、無回転のナックルシュートを決めていた。新潟戦並みの凄いシュートだったよ。でも本番では不発。)

 後半に入っても、浦和のペースは相変わらず。そんな中、バレーが中途で交代。これで、甲府に点を取られることは無いな、と思ったその後、堀之内のパスミスから、左サイドからくずされ、どんぴしゃりのHSを決められてしまう。「ありえね~」おっさんの口を着いて出る言葉でした。

Img_0093

 後半30分を過ぎると、甲府の足もとまり出し、アレックスの左サイドからのシュートで同点。しかし、ここまでで精一杯。

 ギドは、伸二→永井、平川→黒部、山田→ウッチーと選手交代するが、試合の流れを変えるには至らず。しかし、疲労困憊で、ヘロヘロな選手に対して、もう少し早めにフレッシュな選手と思い切った交代できないのだろうか。控え選手で比較しても、明らかに浦和のほうが上なのだから。

 川崎、G大阪とも引き分けたため、順位の変動はなし。ただし、4位の鹿島が勝ち点31となり、4位グールプとの差がなくなり、去年同様の混戦模様の気配。

 結局、今年の浦和も「~~~~~頼みのチーム」なんでしょうかね。天皇杯を勝ち取った時のチームの一体感がないのが気になる。

 画像挿入しましたが、ダメダメですね。これも5年前のキャノンのパワーショット30という、古い機種の為ですね。おっさんの腕が決して悪いわけではありませんね。

ということで、デジカメの買い替えについて、後日アップしたいと思います。

この機種がいいぞ!というのがありましたら、コメントお願いします。

 

|

« 速報・甲府戦 | トップページ | 甲府に行って来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16節 甲府戦(7/29@小瀬):

« 速報・甲府戦 | トップページ | 甲府に行って来た »