« W杯について思ふ | トップページ | W杯イングランド戦雑感 »

2006年6月10日 (土)

W杯開幕戦雑感

 開幕ドイツ戦の雑感

  1. ドイツの守備はザル。日本戦と同様、今日も簡単に裏を簡単に取られすぎ。そんなにスピードあると思えないワンチョベに2点もとられるのはいただけない。
  2. 加地を削った7番はいい選手だ。左サイドの選手と思っていたがバラックの穴を十分うめていた。
  3. レーマンはW杯とは波長が合わない。運が悪いというか、2点献上にそのあげく足を痛める。カーンに変えたほうが良い。
  4. クローゼは絶好調、ヘディングだけでなく、足元もうまくなっており、4年前よりあきらかに進歩している。

バラック・クローゼらが神がかり的な活躍しなければ、勝ち進むことは厳しいでしょう。しかい、ドイツは前評判がよくないときに結果をだしてきますから、この辺も興味深いところ。

 上川さん

いきなり、開幕第2戦出場。無難に試合をコントロールする。ポーランドがリードされ熱くなってきたが、その辺もうまく裁けたと思う。エクアドルの2点目はオフサイドじゃないよね。良くみていたと思う。この、レベルの高いレフリィングをJリーグにも根つくように、レフリィー全体の底上げに努力して欲しい。

 開幕第2戦で笛を吹き、無難に試合をコントロールできたので、決勝トーナメントでも笛を吹く可能大。こうなると、完全に技術、経験ともジャスティスをしのぐことになるので、Jのレフリィーで経験でもって一目置かれ、衰えをかくせないまま笛を吹くジャスティスには「さよなら」 してもらいたい。

【今日の注目】

なんといっても、イングランドでしょう。相手はパラグアイ、試合運びうまく非常に難敵となるでしょう。注目は、ベッカム・Jコール・ランパード・ジェラードの中盤の4人組。FWは、オーウェン・クラウチの2トップでくるか。イングランドが実力を発揮し、相手を粉砕するか、はたまた、相手ペースに引き込まれか、これによって試合展開は大きく変わってくると思う。 

|

« W杯について思ふ | トップページ | W杯イングランド戦雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯開幕戦雑感:

« W杯について思ふ | トップページ | W杯イングランド戦雑感 »