« 【W杯オーストラリア戦雑感】 | トップページ | W杯雑感 »

2006年6月14日 (水)

W杯雑感

<チェコーアメリカ戦>

 チェコ強いぞ!コレルの1トップ、ネドベド・ロシツキのシャドー。

ボールのあるところには必ずいるネドベド、決定力のあるロシツキ。

するどいサイド攻撃。前線からのプレス。

まあにうちが目指すべきサッカーの方向性を見た。

おっさんはチェコの応援団になる!

<韓国戦>

非常に退屈で眠い試合でした。韓国が負けるとアジアの参加枠が減る可能性もあり、一応韓国の応援。

前半は全くいいところ無し。攻めの形さえできていなかった。今日の日経夕刊の田中記者、パクチソンの実力、他を圧倒していたと書いていたが、マンU所属というネームバリュウーで書いてないか。おっさんからすれば、まあ普通というか、去年PSVでチャンピオンリーグび出ていたころのほうが、よくなかったか?

 トーゴはアデバヨールという昔のカヌーのような長身プレヤーいたが、そこそこなのいかな。トーゴはワンチャンスで1点とる。

勝負のあやとなったのは、韓国の1点目。トーゴDF、退場で得たFKで得点できたのは大きかった。その後、おばちゃんヘアーの見事なミドルを決められ、韓国の勝利。試合といsては、トーゴの身体能力以外に見るところ無し。退屈な試合でした。

<ブラジルークロアチア戦>

クロアチア強いという印象。アーストラリアの身体能力に組織力がプラスされた感じ。日本が勝つにはよほどのことが無いと厳しい。

|

« 【W杯オーストラリア戦雑感】 | トップページ | W杯雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯雑感:

« 【W杯オーストラリア戦雑感】 | トップページ | W杯雑感 »